販促活動は、「すごろく」と同じ。商品に興味を持ってもらいながらゴールするイメージで。

 

販促物も流れで考える。

「点でなくて、線で考える」

カッコつけた言い方をすると、こんな感じ。

 

1つのポイントで成果を上げようとするんじゃなくて、お店全体で考える。

1つの販促物で商品を売ろうとするのでなく、全部で。

このイメージが、販促物を活用するうえで重要です。

 

事例をご紹介しながら、(カッコつけずに)お伝えしていきますね。

 

高知県 積雪

南国高知も久しぶりの積雪

「その商品、そもそもお客さん知ってる?」

一昨日、ある農産物の直売所へ販促サポートへうかがってきました。

・売場レイアウト

・手書きPOP

この2つがテーマでした。

 

そこでまずは、「重点的に売るモノ」を決めました。

お店の軸となる、看板商品にしていきたい商品探しです。

 

お話をうかがうと、背景や独自性といった点でピッタリと思われるモノがありました。

意外とすばやく決定!

次に、「その重点商品をどうやって売っていくか?」

話題はうつりました。

 

すると、ある1つの疑問が、、、その場にいる全員に湧きあがってきました。

 

「その商品、そもそもお客さん知ってる?」

「気づかれてないんじゃないの?」

って。

 

そう、知っている人は購入していくけれど、

初めての来店される方や、お客さまの多くがその商品のことを知らないってことはない?

という話になったんです。

 

次の話題は、「商品を認知してもらう」ための方法になりました。

手書きPOPだけだと、まだ足りない!?

商品の陳列場所に、手書きPOPを設置。

お客さまの目が留まりやすいようにする。

商品を認知してもらう方法として1番に思いつくのは、手書きPOPですよね。

 

 

…しかし、これだけだとまだ弱いんですよね。

 

その(商品が置かれている)売場に来たお客さまは、存在に気づく。

かもしれないけれど、そこまでたどり着かない方もいるでしょ。

 

POPを見れば、商品のことに気づくかもしれない。

だけど、その商品が仮にお店の奥まったコーナーで売られていたとしたら、、、?

気づかないお客さまは多くいますよね。

 

ここで僕たちは、いったんお店の外へ出ました。

そして、来店したお客さまがたどる経路(導線)を実際に歩いてみました。

  1. 駐車場からお店の入口へ歩いてくる
  2. お店の入口に目を向ける
  3. 屋外に並べられている売場を見る
  4. 売場を見て歩く
  5. 店内入口の前に立つ
  6. 入店
  7. 売場を見てまわる
  8. レジで精算
  9. 出口からお店を出ていく
  10. 駐車場へ

カンタンにだけど、お客さまの経路をたどるとこんな感じでした。

 

っで、ポイントはここからで。

この1~10の経路のなかで、

「売りたい商品を買ってもらう」

ここをゴールにして、お客さまの導線をつなげていったんです。

「すごろく」に例えると、分かりやすい

「お客さまの導線をつなげる、、、」

ちょっと伝わりにくい表現ですね。

要は、「すごろく」みたいにして、お客さまに進んでもらう方法を考えたのです。

 

販促活動を「すごろく」みたいに考えてみると・・・

販促活動を「すごろく」みたいに考えてみると・・・

 

商品の横に置かれている手書きPOPを見てらえれば、購入確率が高い。

であれば、その売場まで、

「どうすればお客さまは歩んでくれるのか?」

もっと言えば、

「売りたい商品に興味を持ってもらいながら、、、」

到達してもらえれば、最高ですよね。

 

その後、(売場に置かれた)手書きPOPを見てもらう。

すると、購入してもらえる確率は高くなりますから。

その方法を皆で考えました。

 

お客さまの導線を「すごろく」に例えるっていうと、言葉が悪く感じるかもしれないけれど。

あくまでも、分かりやすく伝えるための一例です。

 

冒頭でお伝えした、販促物も流れで考える。

「点でなくて、線で考える」

というのは、こういうこと。

 

手書きPOPだけじゃなく、他の販促物もつかって売っていくと成果は上がりやすい。

あなたが求める目的は達成しやすくなってきます。

1つのポイントで成果を上げようとするんじゃなくて、お店全体で考える。

1つの販促物で商品を売ろうとするのでなく、全部で。

このイメージが、販促物を活用するうえで重要です。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。