手書きPOPに書くネタは身近な話の方がイイ。農大生が書いたPOPから学んでみよう

 

「手書きPOPに書くネタは、日常的な話がいい」

お客さまにとって身近な話であればある程、読まれやすい。

そして成果が上がりやすい。

僕がお伝えする手書きPOPノウハウには、こんなのがあります。

 

…通常、手書きPOPに書くメッセージというと、

  • 目に留まるもの
  • インパクトのある内容が良いんじゃないか?

そんな風に考えられると思うんです。

 

ただ、実際にはそうでもない。

成果を上げる(=購入につなげる)手書きPOPというのは、全部が全部そうでもないのです。

事例を挙げてお伝えしていきますね。

農業大学校の生徒が書いた、「ニラ」の手書きPOP

昨日、高知県立農業大学校で、手書きPOPの授業をおこなってきました。

昨年12月から2回目です。

 

実は、この学校の生徒さんがつくった野菜が渋谷のヒカリエ(九州屋)さんで売られています。

 

 

高知県立農業大学の生徒さんがつくった野菜が渋谷ヒカリエで~(高知県立農業大学校HPより)

「高知県立農業大学校の野菜コーナー」として渋谷ヒカリエに~(高知県立農業大学校HPより)

 

「自分たちの野菜をもっとお客さまへアピールしていくために、手書きPOPを学ぼう」

というのがキッカケで、生徒さんは手書きPOPを勉強しています。

 

前回の授業後、(学んだ内容を踏まえて)1枚のPOPを下書きで良いので書いてくる。

という宿題が与えられました。

 

っで、その仲間が書いた手書きPOPを通じて、

「どこが良い部分なのか?」

「参考になる点は、どこか?」

今回の授業では、自分たちが書いた手書きPOPを教材にして考えてもらいました。

 

そこで、授業のなかで紹介した手書きPOPの1枚がこちら。

 

高知県立農業大学校の生徒が書いたニラの手書きPOP

ニラ

 

ニラって臭いがキツくて、そんなに好んで「食べよう」って思いませんよね?

作っている僕でさえ「クサイなぁ」って思います。

特に小さい子供なんかは嫌いなんじゃないでしょうか?

 

でも、ニラ豚やチヂミは、ニラがないと始まりません。

農大の寮の食堂では、味噌汁に刻んだニラが入っています。

 

今の時期は鍋なんかにどうですか?僕のオススメは、キムチ鍋です!

季節にあった食べ方をどうぞ。 

(園芸学科 清水くん作)

 

実は、こちらの手書きPOP。

授業を受けた農大1年生、約30人。

その中から「手書きPOPコンテスト優秀賞」に選ばれた3枚のうちの1枚なのです。

 

では、こちらの生徒(清水くん)が書いた手書きPOP、

優秀賞受賞の決め手となったポイントは、どこなのか?

身近な手書きPOPが成果を上げやすい3つの理由

冒頭でお伝えしたように、手書きPOPに書くネタ(メッセージ)は身近なほど読まれやすいです。

そして、成果(売上)にもつながりやすい。

僕が自信を持ってお伝えする「手書きPOPのポイント」の1つです。

 

その理由は、3つ。

  1. リアル感が出る
  2. 共感(信頼)しやすい
  3. 売り込み臭くなくなる

大まかに言うと、この3つです。

 

 

大げさな話じゃなくて、お客さまも体験したことのあるような身近な話。

実感しやすい日常的なネタは、読んだときにリアル感が伝わります。

 

今回の手書きPOPでいえば、

「農大の寮の食堂では、味噌汁に刻んだニラが入っています」

という部分ですよね。

 

「農大の寮の食堂では、、、」

という所なんか妙にリアルに感じませんか?

 

「あぁ、本当にある話なんだろうな」

というのが文章を読みながら伝わってくる。

そして、日常的な話なので共感できる。

信頼しやすい。

 

ヘンに売り込もうとして書かれたメッセージではないということが伝わってくる。

なので、お客さまはこの手書きPOP自体に好印象を持つ。

「じゃあ、とりあえず買ってみようか」

という結果を生み出しやすい。

 

カンタンに言うと、こういうことです。

 

 

「なんとかして売ってやろう」

と思ってPOPを書くと、メッセージにもその気持ちが表れる。

売り込み臭くなったり、広告っぽくなるものです。

 

なので、手書きPOPのメッセージは、今回の生徒さんが書かれたような「身近な」、「日常的な」ネタでOK。

むしろその方が、お客さまに新鮮に映る。

喜んでもらえるのです。

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。