薬局さんの手書きPOPの事例をご紹介。今日はここから3つのポイントを学んでみよう

ある薬局さんの手書きPOPをご紹介します。
以前、ある商工会さん主催の手書きPOPセミナーに参加された薬局さんです。

後日、訪問させてもらうと、セミナーで吸収されたことを活かしてこちらの手書きPOPを書かれていました。

セミナーに参加された薬局さんが書かれた手書きPOP

このドリンクはえらい高いやないかと思われますが、
僕もそう思います(笑い)。

でも、全部生薬で出来ていて、少々原価も要っています。
カフェインが入ってないから、夜、寝る前にも飲めるし、
何より元気になる。だから、おすすめです。

1本1,000円

薬局さんの手書きPOPから学ぶ3つのポイント

今回、こちらの薬局さんの手書きPOPをご紹介したのには、理由があります。
こちらのPOPには、手書きPOPでぜひ訴求した方がいい、必須ポイントが含まれているからです。

そのポイントは、3つ。
順に説明していきましょう。

1.高価な理由「根拠」

僕自身も薬局へ行くと、よく思うのですが、

「なんでこんなに値段が違うんだろう?」
って、感じます。

例えば、風邪気味になってドラッグストアに行く。
売場の棚を見ると、いっぱい並んでる風邪薬。
価格を見てもピンキリです。

  • 「一体なにが違うんだろう?」
  • 「原料の違い?」
  • 「やっぱり高いほうが、よく効くの?」

よく迷います。

ただ、冒頭の手書きPOPでは、その価格の根拠を書かれていますよね。

えらい高いやないかと思われますが・・・(中略)

でも、全部生薬で出来ていて、少々原価も要っています。

読んで、その値段の根拠を100%理解するにはならないけれど、ちゃんと説明されています。

さらに、特にこのお薬の場合は、単価的にも高い。
なので、その理由を伝える。
重要です。

僕だったら、

「少々原価も要っています」
と書かれているのを見たら、

「正直なお店だな」
っていう印象を抱くと思います。

結果これが、手書きPOPの信頼度。
しいてはお店の信頼度を上げることにつながります。

「信頼度」は、手書きPOPにおける命とも言える部分です。

2.おすすめする理由

根拠なく商品をおすすめしているPOPって、結構多いです。

とりあえず、

「オススメ!」
と書いてある。
そんなPOP、よく見かけませんか?

…だけど、お客さまは納得しないと、心を動かしません。

おすすめされたときに、

  • 「あぁ、たしかに」
  • 「あぁ、それって心当たりある」

みたいな感じで共感や納得してはじめて

「買ってみようかな?」
欲求から検討段階に移ります。

…例えば、ドラッグストアの売場で、風邪薬を何にしようか?
迷っているときに、

カフェインが入ってないから、夜、寝る前にも飲めるし、
何より元気になる。だから、おすすめです。

こんなお薦め理由が書かれていると、

「なるほど、そうなのね」
って思えて、その薬を選ぶ1つの理由になってこないでしょうか?
たくさんある薬の中から少なくとも心には留まりませんか?

数ある商品の中から選んでもらうためには、オススメする理由が必要です。

さらに言えば、その理由はマニュアル的なものでなく、「あなたのコトバで伝える」。
ここがポイント。
要は、お客さまに心から腑に落としてもらう必要があるのです。
その材料が、おすすめする理由になってきます。

3.店主さんの人柄

理想の手書きPOPは、「広告」になってしまわないことです。

広告っていうのは、簡潔に言うと、

「売り込みのためにつくったものだ」
と、お客さまが感じるおすすめ媒体です。

売り込みを感じると、お客さまは途端に警戒します。
距離を置きます。
POPを読んでも、右から左へスルーしてしまいます。

では、広告っぽく感じられないためには、どうしたら良いのか?

…方法の1つは、あなた(手書きPOPを書く人)の言葉で伝えることです。

例えば、

えらい高いやないかと思われますが、僕もそう思います(笑い)。

こんな店主さんのひと言を読むと、どんな風に感じますかね。
ちょっと店主さんの人柄を感じませんか?

メッセージから、その書き手の人柄を感じると、安心感や信頼につながります。

ちなみに、メッセージをとおして人柄を感じてもらうには、

  • 話口調で伝える
  • 語りかけの文章にする 

などなど、色々とやり方があります。

しかし、何より1番のお薦めの方法は、

先ほどもお伝えしたように、「あなたの言葉」で伝える。
ここに勝るものはありません。

マニュアルトークじゃなく、本当にあなたがそう感じたことをそのまま伝える。
最強の訴求法です。

というわけで、今日は薬局さんの手書きPOPをご紹介。
心に響く手書きPOPのポイントを3つお伝えいたしました。

さらにもっと詳しく知りたいという方は、下記の動画をご参考にどうぞ。
今回の薬局さんのPOPを、解説付きでご紹介しています。

<追伸>
さらに、今回の薬局さんのような手書きPOPを書きたいのなら、、
まずは、こちらを学ばれてみては?

【手書きPOPの書き方マニュアル】(無料です)

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。