70%以上の人が該当する「人間心理」を活かして販促物もつくってみよう。

 

以前、ブログで書いていた記事を読み返していたら、いい記事(※)がありました。

(※あくまでも、臼井リサーチです)

 

「これを伝えるのを1回きりではモッタイナイ」

そう思ったので、4年の時を経てあらためてお伝えしますね。

より内容を分かりやすくするために、一部リライト(編集)してお伝えします。

秋刀魚(秋刀魚)を見るたび思い出す話

季節は秋じゃないのですが、秋刀魚(サンマ)の旬がやって来るたびに思い出す、

あるエピソードがあります。

 

スーパーで秋刀魚が売られているのを見たり、新聞やニュースで

「今年のさんまは豊漁で、、、」

みたいな話題を耳にするたび必ずと言っていいくらい、僕の頭に思い浮かぶ話です。

 

そう、それは父のことです。

 

…もう10年以上前に母から聞いた話です。

ある晩のこと。

母が夕食の支度を終えて、父と2人で食卓につきました(僕はその場にはいませんでした)。

 

ちょうど秋の時期だったんでしょうね。

その日の晩ご飯は、焼きサンマでした。

 

父が食べようとした時、あるコトに気がつきました。

焼きサンマには欠かせない、「大根おろし」がなかったんです。

そこで、父が母に、

「大根おろしはないの?」と。

 

すると、母は、こう答えました。

「いやぁ、今日、大根が高かったから~、買ってないの」

 

それを聞いた父は、途端に様子が変わります。

 

「大根が高かったって・・・、そんなもん知れてるやろぅ?

 大根買うくらいのお金がないわけないやろぅ。

 それくらいあるやろうっ!!」

 

なんと、お皿に載ったサンマを食卓に放り投げます。

そして、その勢いで家を出て行ってしまったそうです。

 

・・・。

 

僕はその場には居合わせていなかったのですが、その話を聞いて思わず絶句。

少なくとも僕が同居していた間は、そんな父を一度も見たことはありませんでした。

 

秋刀魚

いろんな思い出が詰まった秋刀魚

 

その後、父から直接話を聞きました。

 

父いわく、

「星一徹まではいかんかったけど、あんなんしたん初めてやわぁ。

 サンマの時期が来るたびに、いつも思い出すわ。」

って、よく話してます。

(そういえば、最近は聞いてないな)

 

ちなみにこの話、父にとっての母の思い出話の1つのようです。

僕は父からもう8回くらい聞いています。

(妻も4回くらいは聞いていると思います)

以前、法事の席でも父はこの話をしていました。

(今年もあるので、久しぶりに聞くことになるんだろうなぁ、、、)

 

おかげ様で、僕にとっても思い出話の1つになりました。

サンマを見るたびに、父の話を思い出します。

そして、その事件が起きた晩の父と母の2人のコトを想像します。

この人間心理を販促物にも活かさない手はない

人間って、オモシロいですよね。

人から聞くエピソードの中に人が絡んでいると、より臨場感が湧くし親近感も湧きやすいです。

そして、イメージしやすくて、記憶にも残りやすい。

 

そんなことないですか?

 

(…ない?)

いえ、そんなことあるはずです。

だって、実はこれ、人間の特性だから。

ある調査会社の調べで分かったことなんですが、

 

近所のおばさんたちが井戸端会議で話す、話題の70%以上が「人」の話

らしいです。

 

それくらい人間っていうのは、「人(他人)」に興味があるのです。

っで、僕たちはこの事実を見逃しちゃイケない。

この人間心理を「販促物(手書きPOP)」に活かさない手はないんです。

 

手書きPOPで伝えるメッセージにも、人の存在をクローズアップさせる。

そうすることで、お客さまの心に残りやすくなるのです。

親近感が湧いて、記憶に残りやすくなるんです。

・・・親父のサンマの話のようにね。

 

父のサンマ事件も、「父」と「母」という人の存在のおかげで、僕の頭にはしっかりと焼き付けられています。

スーパーでサンマを見るたびに、半ば強制的に頭に思い浮かぶくらいにね。

きっとこれは、この先ずっと忘れないでしょう。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。