今年もよろしくお願いいたしますね。2016年一発目に観た映画で共鳴したこんなコト

 

明けましておめでとうございます。

2016年になりましたね、今年もよろしくお願いいたします。

 

年末から年始(1/1まで)実家の大阪で過ごし、いまは高知でのんびりしています。

昨日は、娘と凧揚げとボードゲーム。

「さて、今日は何をしようか?」

と思案している感じです。

「もっと好きになってくれるよ」

今朝、ちょっと早起きできたので、映画を観てました。

Amazonプライムビデオで、「最高の人生のつくり方」をね。

2016年1発目の映画です。

 

最高の人生のつくり方

2016年、一発目に観た映画「最高の人生のつくり方」~Amazon.co.jp

 

この映画を観ながら、僕の心にビーンと響いた箇所があったんです。

 

主演のマイケル・ダグラスが、ステージ歌手のダイアン・キートンに話しかけた言葉なんですけどね。

ダイアンは、ステージで歌をうたう仕事をしているんだけど、曲と曲の合間にするステージトークが苦手。

「どんな話をすればいいのか?」

分からなくて困っていた。

そんな彼女に、マイケル・ダグラスが話しかけるんです。

 

「もっと個人的な話をすればいいよ」

 

「…でも、私の(人生)話なんて、お客さまは誰も聞きたくないわよ」

と返す彼女。

 

「いいや、個人的な話を知りたがってるよ。

 知ることで、もっと好きになってくれるよ」

と、ダグラス。

(セリフはうろ覚えなので、間違ってると思いますがこんなニュアンスの話)

 

なーんか、ここのシーンにね、妙に心が共鳴しちゃってね。

僕がいつもサポート先の方に言っていることと、ほんと同じだったのでね。

”誰が”言ってる(売ってる)のか?という部分も含めて魅力

「どんな歌を歌ってるのか?」

「どれだけ歌がうまいのか?」

っていう部分ももちろん歌手の魅力だと思うけれど、

「その歌手がどんな人なのか?」

そこも含めて、トータルで魅力です。

 

「最高の人生のつくり方」でいえば、ダイアン・キートン役の彼女の歌がどれだけ上手いのか?

っていうのが1つの価値だけど、それにプラスして人柄や人間観。

  • どんな人生を歩んできたのか?
  • どんなことを大切にしているのか?
  • どんな考え方をしているのか?

といった「個性」が加わって、さらに共感や親しみを感じる。

もっと好きになる。

そんな感じだと思うんです。

 

例えば、僕が伝える手書きPOP(販促物)のノウハウも1つの価値、、、かもしれない。

だけど、そのノウハウを言ってる人はどんな人間なのか?

その話の背景には、

  • どんな思いが?
  • どんな経験が?

あって、話をしているのか?

そこが1つの他社との違いを分けるポイント、

なんだと僕は信じています。

 

「商品」だけでなく、その商品を売っている「人」を含めて、価値。

今年もこのブログでお伝えしていくスタンスは、コレになってきます。

 

というわけで、

「少しでも読者のあなたにお役に立つんじゃないか?」

と感じた話を、僕の経験やフィルターを通してお伝えしていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いいたしますね。

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。