お客さんに響くメッセージ

「商品の美味しさをどんな風に伝えたらいいんだろう…?」

「POPには、どんなメッセージを書いたらいいの…?」

結構、悩んでしまいますよね。

お客さんに響くメッセージを考えるうえで

意識しておきたいこと。

…そこには、1つのポイントがあるんです。

扱われている商品やサービスに関わられている人を探しましょう。

どなたでも結構です。

あなたの商品が農産物なら、作り手さん。

作り手さんが見えない商品なら、売り手さんでもいい。

サービス業の方なら、施術者であるあなたでも大丈夫。

仕入商品なら、担当の営業マンでもOKです。

「毎週、この商品を納品に来てくれるメーカーの営業マン

 ●●さんは、、、、」

みたいな感じでもいい。

とにかく、商品と人を結びつける。

多少、強引になってもいいんだから。

商品説明はしないくらいの気持ちでね。

だって、扱われる商品は、他店でも売られているかも。

ちょっと近所へ行けば、似たような商品があるかもしれません。

もしかしたら、あなたのお店より低価格でね。

そんな状況なのに、商品説明ばかりしていたら、

・お客さんは価格の安い

・アクセスのしやすい

お店での購入を選択します。

一方、あなたっていう存在は、ただ一人。

この世に、あなたっていう人は、他にはいないから。

さらに、もっと違う言い方をすると、あなたから発信される情報も他にはない。

ただ1つです。

だからこそ、販促物に書くメッセージは、あなた(人)に絡めた情報にする。

それが、あなたしか書けない、あなたのお店にしかないメッセージになるんだから。

・・・というわけで、今から手書きPOPセミナーへ行って来ます!

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。