たとえ高くても選ばれるお店になるセミナーCM動画

CM動画をつくりました。

こんな感じ、、、

 

 

先日、発売された『手書き販促講座シリーズ第3弾』

「高くても選ばれるお店になるセミナーDVD」のCM動画です。

http://www.tegakihansoku.com/ppletter/

 

実はコレ、自分でつくったんですが、結構手こずって、、、

作業的に、時間をとられたんですね。

っで、自分なりに悟ったことがありました。

 

初めてやるコトは、完璧を求めちゃイケないな、って。

 

今回のようなCM的な動画をつくるのは、初めてだった。

自分が喋ったりしているのを録るのは、やったことあったけど。

っで、トライ&エラーをめちゃくちゃ繰り返した。

やってて、途中、嫌になっちゃうくらいにね(笑)

 

でも考えたら、そうですよね。

僕は、そもそも動画制作の専門じゃない。

なんで、手こずるのはしょうがない。

↑ココ↑は、ある程度、やる前から覚悟していたこと。

(予想以上だったけど、、、)

 

さらに、今回は初めての経験だった。

今までに、教材のCM動画を作ったことがなかった。

・・・そんな状況にもかかわらず、やる以上、自分なりにクオリティを求めちゃう。

っで、時間がかかる。

つくっては、思うようにいかない、、、

まさに、こんな状態。

 

初めてやるコトは、うまくいかなくって当たり前。

時間もかかるのも当然。

完璧を求めれば、スムーズさを欠く。

もしかしたら、途中うまくいかなくて投げ出したくなるかもしれない。

諦めちゃうかもしれない。

 

そんな状況を招くくらいなら、初めから完璧をを求めない方がいい。

次へのステップ。

次は、今回よりも上達してるはず。

そう思って、行動するのが賢明なのかな。

今後、ちょっと意識してみようと思ったことでした。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。