20代の当時の僕にとって「最幸の仕事」

手書きPOPセミナー大阪

 

来月、高知県の大学で授業をする機会をいただいているんですね。

県立の農業大学校で、手書きPOPを通じて「売る」ということを学生さんに学んでいただきます。

 

でね、そんなことを考えていたら、ふと思い出したことがありました。

実は以前にも、大学生さんの前でお話をさせてもらったことがあるんです。

以前、僕が大学生さんの前で話をさせてもらったときのこと。

それは僕が20代、大阪の産直店で働いていた当時のことです。

 

…あっ、その前に。

今日は手書きPOPの話ではないです。

僕自身が考えていること。

特に、「仕事」に対しての話になります。

あまり興味のない方は、今日はスルーしておいてくださいね。

 

さて、話を戻します。

就職を控える学生さんたちに、

「「販売業」という立場から「就職(仕事)」について話してほしい」

とお話をいただいたんです。

それが当時の僕にとっては、「仕事」についてを見つけるいい機会になりました。

 

今から10年以上前~2005年に行った飛騨高山

今から10年以上前~2005年に行った飛騨高山(…若い)

 

思わず答えに詰まった「衝撃的な質問」

そんな20代の当時、大学の先生からこんな質問をいただいたことがあります。

 

臼井さんは、ものすごく仕事を楽しまれているように見えるんですね。

…ただこんなこと言うとアレなんですけども。。

条件的には、けっこう厳しいと思うんです、

お休みも少ないでしょうし、お給料も。

 

だけど臼井さんのお顔を見ていると、ほんと活き活きしたいい顔をされている。

どうしてなんですか?

 

もう10年以上も前の話なので、うろ覚えなのですが。

先生が僕に訊きたかったこと。

それを要約すると、、、

 

お休みも少ない。お給料も高くない。

なのに、どうしてそんなに楽しそうに仕事をしているのですか?

 

ズバリ過ぎる!

あまりにもストレートな質問過ぎる!

僕も思わず返答に詰まってしまうほど、衝撃的な質問でした(笑)

 

ただ僕自身、当時の産直店での仕事にオモシロ味を感じていました。

それまで2度転職していて何をやっても続きそうになかった、

そんな自分にとって心身ともにエネルギーを注ぎ込める。

たとえ、休みが月に3日しかなくても、、、お給料が少なくても、、、心から夢中になれる。

そんな仕事でした。

っで、前述の先生の質問には、こんな返答をしました。

 

僕ね、思うんです。

まわりの友達で僕より条件の良い仕事をしている人間は、いっぱいいると思います。

だけど、今の僕のこの気持ち。

こんなに楽しく働いている姿を見たら、たぶん羨ましがると思います。

って。

すべての仕事の共通点

今さら僕が伝えることでもないんだけど、

「自分が役に立っている」

「自分が何かしたことで、まわりの方に喜んでもらえる」

この気持ちを感じられるときに、悦びを感じますよね。

 

自分存在価値を感じられるというか。

 

そして、日々の仕事のなかに上記のような気持ちを感じられる。

そんな機会があれば、それは最高の仕事になりますよね。

まさしく、天職ともいえるような。

 

20代の当時の僕にとっては、産直店でお客さまに喜ばれることが最高の仕事でした。

  • お店のなかで、お客さまと話す
  • オススメした商品について、お客さまに喜んでもらえる
  • お客さまのご家族の話や仕事の話をする
  • 一緒に働いていたアルバイト・パートさんとの時間

それらがすべて、僕の悦びにつながっていました。

 

世の中にはいろんな仕事。

いろんな商品、サービスがあるけれど。

根本のところは、一緒なのかなって思います。

その仕事や商品・サービスをつうじて、ご縁をいただく方に喜んでもらう。

それが、仕事の悦び。

自分の悦びにもつながってくるんじゃないかな、と思っています。

 

今度の農業大学校での授業の趣旨とは違うけど、こんなことを学生さんにも感じてもらえたらな。

そんなことを考えていました。

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。