あなたを絡めたメッセージこそが、お客に響く

「インパクトのある言葉が分かりません…」

「お客さんの目に留まるキャッチコピーを知りたいんです…」

そういうご相談をよく受けます。
その度に思うんです。

そっちよりも、もっと違う方を意識した方がいいんじゃないのかな、、、って。

 その方が、お客さんに喜ばれるし、響くと思うから。

 

商品やサービスは、今って、いっぱいある。

似たようなモノがたくさんね。
でも、あなたは、1人しかいない。

 あなたと似た人なんて、どこにもいない。

だから、あなたからの情報発信をどんどんしていった方がいい。

そう思うんです。

 

市場には、モノやサービスが溢れています。

似たようなモノなんて、いっぱいある時代。

ちょっと近所を歩いてみると、同じような効果をもたらしてくれるモノ(商品)。

スグに見つかります。

しかも、自分のお店の価格よりも安く。

 

そんな中、商品に関わる情報を伝えていても、お客さんには響かない。

食べ物を扱われていたら、

「美味しいんです!」

って、言いたくなる、伝えたくなる。

だけど、それって、お客さんにはなかなか響かない。

だって、街中に「美味しい」は溢れているんだから。

 

もし、その「美味しい!」っていうのを、お客さんに伝えたいのだとしたら、、、

「どうして、それをあなたは美味しいと思ったのか?」

そこを伝えた方がいい。

その方が、ユニーク(他にない)なメッセージになるし、お客さんにだって響きやすい。

 

・・・どうして、そんなことが言えるのか?

 

それは、あなたからの情報発信だから。

あなたが、

・思ったこと

・感じたこと

そこに絡めた情報は、唯一のメッセージになってきます。

 

だって、あなたは、他にはいないから。

あなたが他にいないということは、あなたから発信されるメッセージも他にない。

1つだけ、っていうことです。

だから、どんなメッセージになっても良いんです。

スマートな、耳触りのいい言葉じゃなくたっていい。

あなたが感じたことを、あなたのコトバで伝えたほうがいい。

 

きっと、そっちの方が、お客さんに響くはず。

そして、お客さんは、そのメッセージを求めているはず。

あなたからのメッセージをね。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。