ある飲食店でブラックボードに書くメッセージを考えるためにやったこと

 

今日は、少し精神論的な話です。

 

「僕は答えを持っていません。

 インパクトのある言葉を教えて欲しい、と言われても僕は知りません。」

 

ご縁をいただいたお店や企業の社長さんに、僕はほぼ必ずこのことをお伝えします。

 

っで、その後こんなことをつけ加えます。

 

「商品のことは、僕より●●さん(店主や社長さんのお名前)の方がよくご存知ですよね。

 だから答えは、●●さんがお持ちだと思っているんです。

 ただ、そこに気づかれていないだけ。 

 その気づかれていないモノを引き出す、お手伝いをさせていただいています」って。

 

 

…インパクトのある言葉

…目に留まるキャッチコピー

…お客さまに響くメッセージというのは、誰かからポコッともらうのじゃなく。

商品のことをじっくり考えたり、いろんな角度から視たり、人とやりとりすることで気づくモノ。

僕はそんな風に考えています。

 

高知県から見える太平洋に浮かぶ朝陽

高知県から見える太平洋に浮かぶ朝陽

 

「ブラックボードには何を書けばいいの?」

昨日、ある飲食店(串焼き店)の販促コーチングにうかがっていました。

店頭に置くブラックボードをつかって、もっとお客さまへの認知力を上げられないか。

ブラックボードに書く、メッセージづくりを一緒におこなっていました。

 

「いやぁ、何を書いたらいいのかさっぱりなんですよ」

 

社長さん的には、どんなことを書いたらいいのか?

いまいちアイデアも湧かないので、タタキ台からつくっていきたい。

そのような感じだったんですね。

 

っで、従業員さんも含め3名で、色々とやりとりをさせてもらいました。

  • お店を始められて何年なのか?
  • お客さまには伝えたいことって、どんなこと?
  • 普段、どんなことをキッカケにお客さまは来られているのか?
  • ・・・・・
  • ・・・・・・・・などなど

 

こちらから質問させてもらって、それに社長や従業員さんが応える感じで話を進めていきました。

すると、ある時から響くフレーズや言葉出てきだしたんです。

 

「…あっ、それ良いじゃないですか。

 なんか僕個人的には、すごく響きましたよ」

「…そんなことって、お客さまに伝えられています?」

「…それ、他のお店ではやられていないんじゃないですか?」

こんな感じでどんどん、お客さまに伝えたキーワードが見つかっていきました。

答えは本に書かれていない…あなたの中に

やりとりの中で出てきた内容は、すべて僕の知らなかったことばかりです。

社長や従業員さんが話されて初めて分かったこと。

そして、おそらく(ここは僕の推察)だけど、

  • 社長さんもその話がそんなに響くことなのか?
  • お客さまに伝えた方がイイことなのか?

というのは、実感されていなかったと思うんです。

 

僕とやりとりして始めて、

「あっ、そう言われるとそうだよね。

 伝えた方がいいのかもね。」

のような感じになっていかれたと思うんです。

 

…っで、最後、ブラックボードのメッセージとレイアウト(魅せ方)案がデキあがりました。

早速、その日のうちに書かれるって、おっしゃっていました。

 

まぁ、今回のメッセージ案がそのままお客さまに響くモノになるか?

は、実際に試験をしてみないとわかりません。

今後何回かブラッシュアップする必要があるかもしれないです。

だけど、1つの土台(タタキ台)ができたわけです。

それはすべて、社長と従業員さんの心と頭の中に存在していたモノ。

商品にずっと関わっている人間から生まれたコトバには、説得力がある。

僕はそう思います。

 

 

インパクトのある言葉、、、

目に留まるキャッチコピー、、、

お客さまに響くメッセージという「答え」は、誰かが持っているわけではありません。

本に書かれているわけでもありません。

(ヒントや見つけるための考え方は、きっと書いてあると思います)

 

その商品やサービスを扱われる、あなたの中にあるのです。

商品のことをじっくり考えたり、いろんな角度から視たり、人とやりとりする。

そこで気づくモノも多いはず。

僕は昨日の社長、従業員さんとのやりとりでなおさら実感しています。

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。