字に自信がなくても「味のある字」が書ける筆ペンのご紹介!

 

字に自信がない。

字を書くのが苦手。

そんなあなたに、お薦めしたいペンをご紹介します。

字に自信がない方でも、「味のある字」が書ける筆ペンです。

 

これまで、たくさんの方にご紹介してきたけど、かなり好評です。

手書きPOPやサンキューレターの書き方を伝えるセミナーなどでも使ったりするんです。

すると、大抵の参加者さんは僕の話も聞かずに熱中されます(笑)

 

それくらいはハマってしまう筆ペンです。

これからの時期、年賀状などにもバッチリ活用できるんじゃないかと思います。

 

というわけで今日は、字に自信がない方でも味のある字が書ける筆ペンをご紹介します。

 

こんな字が書ける筆ペンです

こんな字が書ける筆ペンです

通常の筆ペンに比べて味のある字が書きやすい

僕がいつもご紹介している筆ペンはこちらです。

 

「水筆」というんですけどね。

 

セミナー参加者が僕の話も耳に入らなくなるくらいハマってしまう筆ペン

セミナー参加者が僕の話も耳に入らなくなるくらいハマってしまう筆ペン

 

通常の筆ペンだったら、柄の持つところにインクが入っていますよね。

このペンは、そこに水を入れます。

そして、押し出しながらつかうんです。

 

さらに、これと一緒にいつもお薦めしているのが、コチラ。

「顔彩(がんさい)」といって、絵の具のようなモノです。

 

僕もこの顔彩をつかって、いつもお礼状を書いている

僕がいつもお礼状を書くときに使っている「顔彩」

 

先程の水筆の毛先から水をしみ出しながら、顔彩を溶く。

筆先に顔彩をなじませる。

そして、書く。

絵の具をつかう感じと、同じです。

 

この「水筆」&「顔彩」のセット。

手書きPOPはもちろん、サンキューレター(お礼状)、チラシのキャッチコピーの文字。

いろんな所につかえるんですよ。

僕自身もつかっていますし、あと書いてもらうと分かりますが、通常の筆ペンに比べて味のある字が書きやすいんです。

(もちろん慣れは必要ですけどね)

 

昨日もある居酒屋店さんで、スタッフさんと一緒にみんなで筆ペンの練習をしてきました。

手書き販促を取り入れるにあたって、

「まずは手書き(筆ペン)に慣れよう」

ということでね。

オーナーさんだけじゃなく、スタッフさん皆さん、ほんと楽しそうに書かれていましたよ。

思わず、シーンとしてしまうくらい熱中されて。

 

っで、2時間経って終わってみると、店内一面、手書きの紙だらけ、、、の状態でした(笑)

 

…というわけで、字に自信がない。

だけど、手書きにチャレンジしたい。

そんななあなたにお薦めしたいのは、「水筆」と「顔彩」の手書き販促セットです。

売れたからといって僕にマージンが入るわけじゃないけど、ご紹介しておきますね(笑)

 

※参考:Amazonでも手に入りますね

水筆(筆先が大・中・小のサイズがあります)

顔彩(いろんな色の種類がありますよ)

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験に基づくセミナーや研修は分かりやすく自律性を養うと好評。大学や高校、ビジネス専門学校にて『POPコミュニケーション』の講義も持ち、累計受講者数は千名を超える。モットーは「出逢う人すべてをインスパイアする」。