「お客さまに共感される、目に留まるフレーズを知りたい…」

 

「コレを書いたら、お客さんの目に留まるインパクトのある言葉」

「これを書いたら売れる、っていうフレーズがあれば、、、」

それを知りたいんです。教えてください。

このようなご相談を受けることがあります。

 

しかし残念ながら、僕は知りません。

「コレを書いたら、お客様の心に突き刺さる」

そんなフレーズもキャッチコピーも知りません。

(あったら僕が教えて欲しいくらい(笑))

 

お客さまの心に響く言葉っていうのは、業種や扱う商品によっても違ってくるし。

たとえ同じ業種のお店であっても、伝える相手。

お客様との関係性によっても、ずいぶん変わってくる。

僕はそう考えています。

型はあっても、答えはない

僕は手書きPOPのセミナーをやるときに、よくワーク(実習)を取り入れます。

実際に、学んだことをつかって手書きPOPを書く練習です。

そのときに、参加者さんにこんなことを伝えます。

 

普段、お客さまとやりとりしていること。そこにヒントがありますよ。

お客さまとやりとりして、

  • 喜ばれたことは何か?
  • 驚かれたことは?
  • よく質問されることは?
  • ・・・

思い出してください。

そこにお客さまが共感する話がありますから、、、って。

 

例えば、こちらの手書きPOPをご覧ください。

先日、ボクの地元高知県で手書きPOPセミナーをしたときに参加者さんに書いていただいたものです。

 

まず、こちらはセミナーが始まってスグに書いていただいたもの。

それこそ、何も学ばれていない状態です。

 

20151102

マグアンプK

少し高い肥料ですが、良い肥料です。

ぜひ使ってみてください。

980円

 

園芸用品の卸販売をされる会社の社長さんが書かれたPOPです。

っで、この後約1時間半にわたって手書きPOPの書き方について学んでいただきました。

 

「どんなことを書くと、お客さまに喜んでいただけるのか?」

  • 普段お客さまとやりとりされていること
  • お客さまが悩まれていること
  • 疑問に感じていること など

をヒントに考えていただきました。

 

そして、約1時間半が経って、もう一度書いてもらった手書きPOPがコチラ。

 

2015110201

土選びに迷ったらこれ

「花と野菜の土」 580円

土選びって迷いますよね!

花好きな人の花の駆らず原因は、水の掛けすぎです。

この土は、思うぞんぶん水を掛けていいように配合しました。

(水を好む植物には、赤玉土をまぜて水分調節して下さい)

 

いかがですか?

 

先程の手書きPOPからの変化、なにか感じられますか?

先程のPOPと、こちらのPOP。

お客さまはどちらに興味を示すでしょう?

多くの場合、そこにヒントは隠れている

セミナ-では、手書きPOPのメッセージを書くときのある一定の型やレイアウトはお伝えできます。

だけど、

「こんな言葉を書くと響きます」

っていう答えは僕にはお伝えできません。

僕よりもあなたの方が、商品のことをよく知っているし、お客さまともよくやり取りされているはずだから。

 

あなたが答えを持っているはずなんです。

ただ、その答えに気づいていないだけ。

 

普段、お客さまとやりとりしていること。

多くの場合、そこにヒントが隠れています。

そこを深堀していくことによって、お客さまが興味の湧く話。

それこそ、目に留まるメッセージやフレーズにつながっていくのです。

僕がおこなっている手書きPOPのセミナーも、そのヒントに気づくキッカケの1つです。

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。