手書きPOPが読まれるかどうかは信頼度!そしてそのカギを握るのは?

 

先週末(おととい)、北海道の企業さんで手書きPOPの研修をおこなっていました。

研修の最後、従業員さんの皆さんにPOPを書いてもらったんです。

すると、これが驚きでした。

過去に例がなかったくらい、成果につながりそうなPOPばかり。

リップサービスとかじゃなく、ほんと心のこもった気持ちの伝わるモノが出来あがっていました。

 

・・・っで思いました。

 

成果の出る販促物っていうのは、

「いかにうまく書けるか?」

っていうのも大事だけど、

「いかに、書き手の気持ちを伝えられるか?」

こっちの方がもっと大切なんだ、って。

 

メッセージを通して、書いた方個人の思いが伝わってくると、それは「広告」でなくなり、伝わる「手紙」になってきます。

前者と後者、なにか違い感じますか?

例えば、こちらの手書きPOPを見ていただけますか?

北海道の企業さんじゃなくて、先週、ある自治体で講習会をしたときに参加者さんに書いてもらったPOPです。

 

まず、こちら。

これは、手書きPOPの講習会が始まってスグに書いてもらったモノです。

ほんと、まったく何も学ばれていない状態です。

 

まだ何も学ばれていない状態で書いてもらったモノ

ひがしやま

水と芋と潮風だけでこの甘さ。

昔からあるおやつです。

食物繊維たっぷり、一度食べたら忘れられません。

150g 700円 

お買い求めは、道の駅「●●」で 

 

「ひがしやま」といって、干し芋の商品の手書きPOPなんですね。

干し芋には、食物繊維がたっぷり含まれていますよ。

甘いですよ。

という商品のメリット、特徴に焦点を当てられたPOPです。

(イラストなども描かれて、初回とは思えないくらい完成度の高いPOP)

 

…続いて、3時間の講習会の後半部分。

2時間半くらいが経った頃に、もう一度書いてもらった手書きPOPです。

同じ干し芋「ひがしやま」の商品について。

 

 

2015102602

ぜいたくなおやつです

ひがしやま

 

干し芋なのにこの値段!!高いですよね。

私も子供にねだられるけど、なかなか買えません。

でも、あきらかに他の干し芋とは甘さが違います。

(お客様からも他の干芋と甘さがちがうと言ってもらえます)

ぜいたく品ですが、安心・安全で子供のおやつにオススメです。

1袋700円

 

いかがですか?

先程の前者の手書きPOPと比べられて、なにか違いを感じますか?

…そう感じるのは、僕だけだろうか?

前者と後者のPOPの違い、、、

前者にはなくて、後の手書きPOPにあるモノ。

それは、「メッセージのなかに感じる書き手の存在」です。

 

前者は、どちらかというと、商品特徴にスポットを当てたメッセージです。

  • 甘さ
  • 食物繊維の豊富さ

といった商品のイイ所(メリット)を前面に押し出した内容です。

 

一方は、後者はどうか?

というと、、、人を感じませんか?

「他の干し芋とは甘さが違う」といった商品特徴を伝える文言もありますが、どちらかというと先程のに比べてPOPを書かれた方の存在感を感じませんか?

  • ぜいたくなおやつ
  • なかなか買えない

といったメッセージから、書いた方のお人柄や生活感(雰囲気)が感じられる。

文章を読んでいるだけなのに、まるで書いた方から語りかけられているような、、、

お人柄が伝わってくるような、、、

そう感じるのは、僕だけでしょうか?

読まれる、購入につながるPOPのカギ

カンタンにいうと、「モノ」と「人」。

どちらの切り口から書かれたメッセージになっているか?

2つのPOPの違いは、ここなんです。

 

話し出すと長くなるので、今日は詳述できませんが、、、

後者のように同じ商品特徴(甘さ)を伝えるにしても、「人」の存在感。

ココを感じるPOPは、信頼度が違ってきます。

単なる広告物としてじゃなく、書き手からの手紙(メッセージ)として伝わってきます。

だから、読まれるし、成果(購入)にもつながりやすいのです。

 

「いかにうまく書けるか?」

っていうのも大事だけど、

「いかに、あなたの気持ちを伝えられるか?」

ここが、読まれるPOPになるか?

成果(購入)につながるPOPになるか?

大きな別れ道になってくるのです。

 

メッセージを通して、書いた方個人の思いが伝わってくると、それは「広告」でなくなり、伝わる「手紙」になってきますからね。

 

…後日、清書されたPOPはこちらです。

 

後日、清書されたPOPです…成果報告をお聞きするのが楽しみ

このようなPOPがお店中にあると、それだけで魅力ですよね

 

お客さまの反響を見るのが楽しみですね。

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。