「…どうせ」を取っ払うことがカギ!

 

先日の某経済新聞に、スーパーへ通う主婦へのインタビュー記事が載っていました。

買い物をする際には、

  • 「最低限欲しいモノ以外は決めていない」
  • 「何を買うかは店頭で決める場合が半分」
  • 「店頭POPには、必ず目を通すようにしている」
  • 「読み込んでいる」

こんな主婦の返答が出ていました。

 

コレを読んだとき、

「やっぱりチャンスはあるじゃん」

って、僕確信できました。

「…どうせ」を取っ払うことがカギ

先程の主婦の方々の返答にもあったように、店頭ポップは注目されている。

買い物をする際、商品を選ぶ1つの基準として認識されている。

そういうことです。

 

お客さんはポップに対して、そこそこ意識している。

興味を持って見ている、っていうことです。

であれば、ポップに書いた内容がよければ、購入につながる可能性が高いのです。

 

じゃあ、手書きポップにはどんなことを書けばいいのか?

 

1つのヒントをお伝えします。

それは、

「…どうせ」を取っ払うこと。

ここがカギになってきます。

 

スーパーに限らず、お客さんは店内でポップを見つけると、

「どんなことを書いているんだろう?」

という、チョットした期待を持って読もうとしています。

(冒頭の話からも分かりますよね)

 

ただ、一方で期待しながらも、

「…どうせ、いつもと同じことしか書かれていないんじゃ、、、」

「…どうせ、売り込むための文句が書いてあるんでしょ」

こんな気持ちを持っているのも事実です。

 

筆文字と手書きポップの相性はイイ

筆文字と手書きポップの相性はイイ

そう、「…どうせ」です。

期待する反面、「…どうせ」というポップに対する、あまり良くない既成概念がある。

このハードルを乗り越えないと、購入にはつながりません。

「…どうせ」を覆さなきゃイケないんです。

 

あなたのお店でお客さんが、「…どうせ」と思いながら手書きポップを読む。

そのときに、

「…やっぱりだよね」

と思われるのか、

「…エッ!そうなの!?」

って思われるのか?

この違いです。

 

市場が成熟して商品やサービスが溢れる今、お客さんは商品選びに困っています。

その選択基準の1つに、手書きポップは認知されています。

「…どうせ」をうまく取っ払うことがデキれば、その先には成果が待っています。

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。