ほんと、手書きPOPはラブレターと一緒だから

 

「絵とかイラストを描くセンスないし…」

「字を書くのも苦手だし…」

手書きPOPに興味があるんだけど、こういう思いがあって一歩を踏み出せない。

そんなこと、なっていませんか?

 

このブログでも何度も言っていますが、

手書きPOPで成果を上げるのと、字のうまいヘタ。

ここはホントまったく関係ないです。

【手書きPOPの成果】≠【字のうまいヘタ】

(臼井さん、しつこい…っていうくらい何度も言ってます(笑))

 

…今から1つ喩え話をします。

字に自信がなくても、手書きPOPを書いていいんだ。

成果を上げられるんだ。

そんな風に(字の苦手な)あなたに思ってもらえるような話を1つします。

字に自信がない方は読んでみてくださいね。

ラブレター、もらったことありますか?

突然ですが、僕のモテ期は中学3年生でした。

人生最高潮にモテた時期だと思います。

(それ以来、カラッキシですが…(笑))

 

その僕の人生最大のモテ期に、1通のお手紙をいただいたことがあります。

人生で一度っきりの体験です。

中学校の後輩1年生からでした。

そこに書いてあった内容は忘れてしまったんですが、今でも僕の心に深ーく残る心地よい記憶です。

 

…でね、ここで話がガラッ!とPOPに切り替わるんですが。

例えばね、あなたが誰か異性からラブレターをもらうとします。

 

あなたも好意を抱く、意中の方からだとしましょう。

その方からラブレターをいただいた。

封を切って中を見た。

 

!!

 

…字があまりうまくない。

切々と想いを告げる文章を書かれているんだけど、そこに書かれている字はお世辞にもうまいと言えない。

だけど、あなたへの彼(彼女)の想いがひしひしと伝わってくる。

こんなシチュエーションを迎えたとします。

(まぁ、なかなかあり得ませんが(笑))

 

そんな時、あなたはこう思いますか?

「なんて、字のヘタな人なんだろう…」って。

今まで好きだったけど、字がヘタ過ぎて気持ちが冷めたわ…

そんな風に思うでしょうか?

どうでしょう?

 

ニュージーランドに住んでいた時、訪れた土地ごとのポストカードを買うのが楽しみだった

ニュージーランドに住んでいた時、集めたポストカード~訪れた土地ごとに買うのが楽しみだった

 

何よりも響くのは、あなたが書いたという事実

お店でも一緒です。

あなたが訪れたお店の売場に手書きのPOPが置いてある。

店主さんが書いたらしき文字が並んでいる。

決して字はうまいと言えない。

だけど、読んでみると店主さんのその想いが伝わってくる。

 

「その商品を良さを何とか伝えたい…」

「商品に対する店主さんのこだわり…」

その朴とつとした字を通して伝わってくる。

 

実はここが大事な、大事なカギなんです!

 

”書いた人の存在が伝わってくる”、

僕はいつもそう表現するのですが。

要は、お客さんが手書きPOPを見たときに、

「このPOPは、ここのお店の人(●●さん)が書いたんだろうな」

そう感じられる、っていうことが何よりも大切なんです。

 

●●さんが書いたんだろうな、って感じた時に、同時にその書き手の想いもお客さんは受け取っています。

「よっぽど、この商品に思い入れがあるんだろうな」

書いてあることはウソじゃなさそうだ

っていうことをお客さんは感じるのです。

 

それが一方、パソコンで書いてあるPOPだと書き手の存在が感じにくい。

書き手の想いが感じにくい。

だから、同じ文章が書かれていても、「売り込みの広告文」としてとられてしまう。

「どうせ売るために書いているんだろう」

こんな風に思われるケースがよく起きます。

 

「絵とかイラストを描くセンスないし…」

「字を書くのも苦手だし…」

手書きPOPに興味があるんだけど、こういう思いがあって一歩を踏み出せない。

すごーくその気持ち分かります。

だけど、ちょっとだけトライしてみませんか。

 

…初めは勇気がいるかもしれないですけどね。

…ちょっと恥ずかしいかもしれないですけどね。

だけど、その「あなたが書いたPOP」をお客さんは待っています。

ぜひぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

その先にはきっとその勇気に報いる悦びが待っているはずですよ。

 

 

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。