待って!手書きPOPを書いたら、まずチェックしたいこと

 

「手書きPOPを書いているのに、商品が売れない」

「見てくれているのか…お客さんからの反応がない」

こんなお声をよくお聞きします。

 

…あなたはそうでもないですか?

心当たりないですか?

 

いやいや、他人事じゃない。

憶えがある。

もしもそうだとしたら、今から話すことを確認してみてください。

今すぐチェックです。

 

先日観て来た映画~「ヴィンセントが教えてくれたこと」

先日観て来た映画~「ヴィンセントが教えてくれたこと」…涙ポロリしてしまいました

「響くメッセージかどうか?」を一撃で見分ける方法

お客さんに響く手書きPOPを書くために、もっとも重要なこと。

その1つが、他店とは違うオリジナルのメッセージになっていることです。

あなたの書かれたPOPに、他店と同じような文章が書かれているとしたら、それは黄色信号です。

 

例えば、あなたがイチゴを売っている八百屋さんだとしてですよ。

当店おすすめのイチゴです!

ほんのりとした甘さと酸味が絶妙です。

オススメです。

香川県産イチゴ 1パック 450円

 

このような手書きPOPを書かれていたとします。

ここに書かれているPOPのメッセージ。

「あなたのお店だけの独自のモノになっているでしょうか?」

「他のお店ではつかえないメッセージでしょうか?」

どう思います?

 

…僕が思うに、他のお店でも使えるんじゃないでしょうか。

 

仮に近所の八百屋さんで福岡県産のイチゴを売っていたとして。

「香川県産イチゴ 1パック 450円」

という部分を、

「福岡県産イチゴ 1パック ●●円」

と変更すれば、後の文章はそのまま使えるんじゃないですか?

 

当店おすすめのイチゴです!

ほんのりとした甘さと酸味が絶妙です。

オススメです。

福岡県産イチゴ 1パック 500円

こんな感じでね。

まったく違和感なくつかえるでしょう。

ここが問題なのです。

「他店で使える」=「響きにくい」

よそのお店でつかえるメッセージということは、あなたらしさが出ていない。

他店と同じ訴求。

選択する(買う)決め手になりきれていない。

そういうメッセージになっているということです。

 

見慣れた文章を見ても、お客さんはなかなか心を動かしません。

せっかくPOPを見ても、心に引っ掛からずスルーしてしまうのです。

 

手書きPOPメッセージのなかの、

  • 商品名
  • 価格
  • 店名

を他のものに入れ替えたときに、そのまま使えるとしたら、そのメッセージで反響を上げるのは難しい。

 

お客さんに読んでもらう。

興味を持ってもらう。

そして、購入してもらうには、あなた(のお店)オリジナルのメッセージになっている必要があるということです。

 

手書きPOPを書いているけど、お客さんの反響がない。

もしも心当たりがあるとしたら、

「他店でつかえるメッセージになっていないかどうか?」

まずは、ここをチェックしてみましょう。

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。