インパクトのある手書きポップを書く方法って?

 

少しテクニック的な話をします。

手書きPOPをつくるときに、「写真」をつかうとお客さんの目に留まりやすくなる。

そんな話です。

 

こちらの手書きPOPを見てもらえますか。

僕が前職時代(7~8年くらい前)に書いていたPOPです。

こんなPOPを得意先のお店へ行って売場をつくるとき、よく持って行ってました。

 

前職の営業時代に得意先の売場でつかっていた手書きPOP

前職の営業時代に得意先の売場でつかっていた手書きPOP

 

実は先日、資料をつくろうと過去のデータを整理していたら発見。

「へぇ、あの頃からイイのつくってたじゃない」

って、一人満足してしまいました(笑)

「手書き」と「写真」を組み合わせてみる

手書きPOPを実践している方がよくおっしゃいます。

「POPを書いているんですけど、インパクトがないんです…」

って。

 

インパクトのある…っていう言葉には2つの意図があると思うんだけど。

 

1つは、「キャッチコピーでお客さんの目を留めたい、そのインパクト」

そしてもう1つは、「見た目的なインパクト」

この2つ。

 

今回僕が話しているのは、後者。

見た目を工夫することで、お客さんの目に留められないか?という部分。

 

やり方はいろいろとありますが、今回お伝えしている方法。

「写真」と「手書き」を組み合わせるのも効果的な1つです。

 

手書きで全部を説明しようとすると、文字量が増える。

うまく説明できない。

などなど、色々と難しい部分が出てきます。

そんな時、手書きで伝えきれない部分を写真をつかって視覚的に伝える。

見た目的にも明るい感じになって、売場イメージ向上にも役立ちます。

 

つかう写真もプロが撮ったようなのじゃなくて大丈夫ですからね。

スマホで商品を撮って印刷かけたものを貼り付けるだけでOK。

ピンと来た方は、チャレンジしてみてください。

 

 

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。