手書きPOPに何を書く?~身近なネタほど響きやすい法則

 

昨日、手書きPOP初心者の方向けにセミナーをしていて思ったことがあります。

「何を書けばいいのか?」

分からなくなったら、身近なネタを思い出すとイイ。

身近なネタ(=お客さんに近いネタ)ほど、共感されやすい。

あらためて実感した話です。

 

DSCF4662

こちらは以前、直販所の方対象におこなった講演会の様子

膠着状態を打ち破った、彼女のひと言

昨日のセミナー参加者のお一人に、「地鶏」商品を販売される方がいらっしゃいました。

得意先への卸販売や、イベントなどでの直接販売をされています。

その方が先日あるイベントで商品を販売しに行かれた。

すると、いつもだったら放っておいても行列ができるくらい売れる商品が、まったく売れなかった。

いつもの売上と比べると桁がひとつ足りないくらいだった。

 

「…これはヤバい!

 POPだ、POPを学んでもっと売らなきゃ!」

そう痛感、昨日のセミナーに参加くださったらしいです。

 

その方(女性ね)がセミナーのなかでPOPを書くワークになったとき。

最後の最後で、何を書いたらイイのか分からなくなったんです。

 

1番最後の手書きPOPを書く実習のときでした。

それまで、僕から話を色々聞いてノウハウ的には、いっぱい学ばれた状態。

逆に、いろいろ聞き過ぎて、何を使えばいいのか分からなくなってしまった。

「もう、完全に方向性見失ってます、、、」

って言いながら、苦笑いされていた状態でした。

 

その彼女を見ながら、僕を含めたまわりの参加者が言うわけです。

 

「●●も書いたらイイんじゃないですか。響きますよ」

「いや、アレも書いたほうがいいですよ」

みたいな感じで、ヤイヤイ言うわけです。

(外野は、もちろんアドバイスのつもりなんですよ(笑))

 

すると、当の彼女は、余計に何を書いたらいいのか分からなくなって、、、

どうしようか、、、ってなっていた時に、彼女がポツリ。

「うちの子どももよく食べているんですけどね」

って。

 

この言葉がまわり外野を黙らせました。

ネタに困ったら身近な話を思い出すとイイ

それまでの彼女の手書きPOPには、

  • 「地鶏の商品です」
  • 「純血100%の軍鶏(シャモ)のお肉です」
  • 「平飼いで180日育てています」

といったメッセージが所々に書かれていたんですね。

ただ、どうもしっくりこなかった。

 

そこで、先程の

「うちの子どももよく食べているんですけどね」

っていうひと言が出た。

 

好みもあるけど、僕的にはすごくイイと思った。

…どうしてか?

 

それは、前者(これまで書かれたPOP)は、モノ視点で書かれたメッセージ。

  • 「地鶏の商品です」
  • 「純血100%の軍鶏(シャモ)のお肉です」
  • 「平飼いで180日育てています」

地鶏の特徴を紹介した文章になっていますよね。

それが、「うちの子どももよく食べているんですけどね」

になると、人視点で書かれたメッセージに変わっている。

だから、読まれやすくなっているんです。

(どうして、人視点のメッセージが読まれやすいか?はコチラの記事をご覧ください)

興味を持たれるPOPメッセージを考えるヒント

 

多くの手書きPOPメッセージは、モノ視点で書かれています。

いわゆる商品を説明した文章です。

そこを脱却することが、響くメッセージにする1つのヒントになってきます。

そのためには、今回のセミナー参加者さんのように身近に起こったことにアンテナを立てる。

  • 売りたい商品について、お客さんに何か言われたことないか?
  • お客さんが喜んでいたことはないか?
  • 同僚は何か言っていなかったか?
  • ご家族は?

その商品と人の接点についてを思い出してみるんです。

 

POPに書くからといって、何も難しいことを考える必要はありません。

身近に起こったことで大丈夫。

その方がお客さんの心にスッと入りますからね。

 

 

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。