・・・女性は難しい、、、じゃなくて、伝え方は、、、

先日、わが家で事件が起きました。

妻と言い合いになったんです。

超久しぶりのことだったんですが、おかげさまで目からウロコの発見が!

さて、先週末、妻とチョット言い合いになったんです。

ほんと、久しぶりでした。

何年かぶりだったかもしれません。

 

「ちゃんと私のことを分かってよ」というのが理由です。

ここでわが家の夫婦のけんかネタを赤裸々に告白する・・・

というのは、かなり恥ずかしいのでカンタンにお伝えすると。

 

妻は疲れていたのに、僕がちゃんと労わらなかった。

特に、「言葉にしてその労わりを妻に伝えなかった」

この部分が、どうも妻にとっては気に障ったようです。
僕、思うのですけど、、、

男性って、優しさとかを感じさせる言葉をわざわざ女性に伝えることに抵抗感を感じる方って、多いと思うのです。

わざわざ言葉にすることが何だか嫌らしい・・みたいな感じで。

でもこれが、トラブルの基になるのですよね。
ご商売でも同じ。

お店側が思っているほど、お客さんって、理解していない。

というか、伝わっていないです。

「うちはココにこだわっているんだよ。

 こんなに時間をかけて、焼き豚を熟成しているんだよ」

「地元で採れたハチミツしか使っていないんです」

こんなコトが、お客さんには全く届いていない・・・。

そんなことって、日常茶飯事で起きていると思います。

 

だって、「お店」と「お客さん」の関係なんて、

「妻」と「夫」の関係に比べたら、薄い、薄いものですからね。

妻にさえ、僕の気持ちがなかなか伝わらないのに、お客さんに、そうカンタンに伝わるはずがない。

(・・・僕の家庭の話を、ご商売に混同して説明すると)

 

お客さんには、もっともっと丁寧に伝えた方がいいはずです。

こっちが分かっていると思うようなコトでも、伝えた方が良いはずなのです。

言葉にすると、売り込みとか誤解されやすくなるのなら、紙(販促物)にして伝えてみるといいです。

そうすると、言葉にするより、ずっと伝わりやすいんじゃないか?

そう思います。

 

あっ、そうだ!!

僕も、妻に手紙に書いて、気持ちを伝えたらいいのかな!?

(恋人の時はやっていたような気がするんだけど・・・(笑))

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。