「発信」することを意識すると、強みやウリに気づきやすいことが分かった

 

「うちのお店の強みって、何だろう?」

「ウリって、なに?」

けっこう考えるクエスチョンの1つだと思うんです。

 

僕たちのような小規模事業者にとって、強みに気づけるかどうか?

素手で巨大なマンモスに立ち向かうのか?

それとも、武器を持て戦えるのか?

この違いと同じくらい、大きな大きな問題です。

(喩えになっているかな!?)

 

そこで今日は、自分(お店や会社)の強みを発見するための話です。

僕なりのオススメの方法があるので、お伝えします。

 

「あぁ~、海へ行きたい~」こちらは、淡路島の海

「あぁ~、海へ行きたい~」僕のバックに見えてるのは、淡路島の海

 

強みや価値にお互い驚いた

昨日、あるデイサービスの会社さんの販促サポートに伺っていました。

僕はこの業界に関してまったくの素人です。

ただ話をお聞きすると、モノを売るお店の業界と似ていることが分かった。

大手のデイサービスの会社が結構あって、小規模の施設は自社独自の価値を伝えていかないとキビシイ、と。

そこで、責任者の方から色々とヒアリングさせてもらった上で、会社の新聞(ニュースレター)を発行しようとなった。

 

ニュースレターを通じて、

  • ケアマネージャーさんとの関係性構築
  • デイサービスの利用を検討されている方、そのご家族への認知
  • 既存利用者さんのご家族とのコミュニケーション

これらの目的達成を図ろうと考えた。

 

・・・紙面構成を考える段階に。

「実際にどんなことを書いていきましょう?」

色々と責任者の方とやり取りをさせてもらいました。

するとね、いろいろと気づくんです。

「ニュースレターで何を伝えようか?」

一緒に考えることで発見する、このデイサービスさんの強みや価値にお互い驚いたわけです。

価値や強みに気づくには、”発信”することを意識する

「自社の強みって、なんだろう?」

「他店にはないうちのお店の強みって、何だろう?」

このようなことを考える機会、もしかすると多いかもしれない。

 

ただ、頭を捻ってウーンウーン考えていても、なかなか答えは出てきてくれない。

そんなケースが多いと思うんです。

もしもあなたも心当たりがあれば、僕がお薦めするのは、「発信」を意識することです。

 

今回、デイサービスの会社さんはニュースレターを発行することになった。

発行するために、紙面内容を考えた。

「どんなことを伝えれば、利用者のご家族は喜んでくれるんだろう?」

「利用者さんを安心してお預けくださるんだろう?」

ある一定の方向性を持って、アイデア(書くネタ)を考えることで色んな気づきが生まれました。

 

例えば、

  • 委託する施設も多いなか、料理を自社でつくっている
  • シェフが直接、利用者さんに「今日の料理」の説明をされている
  • 毎日の料理を写真に撮ってご家族へも伝えられている
  • 連絡帳をつかって、今日1日あったことをご家族に伝えられている

・・・などなどいろんなことに気がつきました。

 

おそらく、これは僕の勝手な想像だけど、

「●●さんのサービスのウリって、どんな事ですか?」

ってお聴きするだけだと、これらの答えは出てこなかったと思います。

 

ニュースレターを発行する。

・・・利用者さん、そのご家族の方に喜んでもらいたい。

・・・ケアマネージャーさんに安心して紹介してもらうには?

・・・どんなことを伝えればいい?

考えられたからこそ、出てきたのです。

 

「うちのお店の強みって、何だろう?」

「ウリって、なに?」

この答えを見つける方法の1つは、発信(伝える)を意識することになってきます。

僕の知らない業界、デイサービスの会社さんと色々にやり取りしながら、あらためて気付いたことの1つです。

 

 

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。