手書き販促物に欠かせない筆ペン

メジャーリーガーのイチロー選手は

自分がつかう、グローブやバットを大事に扱う、

そんな話を聞いたことがあります。

・・・手書き販促を実践するために必須、、、

とまでは言わないけれど、オススメの道具って、あるんです。

 

さて、今日は、POPやハガキを手書きするためのツールの話です。

 

「臼井さんは、どんな筆で書かれているのですか?」

という、ご質問をいただくんですね。

 

僕は、普段、字のキレイさなどの見た目よりも、書く中身を重視しましょう!

ということを伝えています。

なので、あまりツール(道具)の話はしていないんです。

ただ、昨日も僕が使っている筆ペンの話をある方にしたら

すごく驚いて、興味も示してくださったので、今日は少ししますね。

 

僕が使っている筆ペンは、水筆というものです。

こちらです。

20140214

 

水筆

amazon.co.jp

特に、コレしかだめ!というわけではないのですが

筆のコシとかが僕には合っていて、ずっと使っています。

ボディの部分に水を入れて、そのボディ部を押すことにより

筆先から水が染み出てきます。

 

結構、便利だし、慣れると書きやすいかもしれません。

筆ペンの特徴は、字に味が出るというところですよね。

多少、字に自信がなくても、誤魔化せるみたいな。

なので、僕には欠かせないツールの1つになっています。

 

別に、筆ペンでなくてもイイと思うんです。

ご自身にあった、コレを使って字を書くとワクワクするんだよね、

みたいな道具を見つけられるとイイデスネ。

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。