いっぱいあるお店の中から選んでもらうには?

お客さんに来店しもらう動機をつくる。

ココって、すごく大事。

そんな話を聞かれたこと、ないですか?

ありますか?

・・・じゃあ、一体どうすれば、その来店動機はつくれるんでしょう?

昨日もちょっと触れたんですが、普段通りの素の自分の感じで文章を書く。

そうすることが、書き手の人柄が文章にあらわれる。
結果それが、個性を生み出すし、伝わる文章になる。
そんなことをお伝えしたと思うんですね。

 

【素の自分を出す】

【人柄を感じる】

【個性的(な文章)になる】

こんな図式ですよね、僕がお伝えしたことって。

 

…っで、実はこれ、【モノを売る】ことにも繋がるんです。

 

ちょっと話は飛びますが、、、今ってですね、自分のお店オリジナルの商品を持つ。
これって、すごく難しいと思うんですね。

「この商品って、うちのお店でしか売ってないよ」

そんな商品やサービスを持つこと自体が、かなり至難の業。

まったく同じとまでいかなくても、近所の同業他店に行けば、似たような効能をもった商品が売られている。

サービスを提供しているお店がある。

こんな状況だと思うんです。

 

でも、お店側としたら、「うちで買って欲しい」。

何とかして、「自分のところへ来てもらいたい」。

そう思うから、お客さんに来店しもらうために他店と違うことをしようとする。

「安売り」をしたり、「チラシ」を打ったりするわけですよね。

 

でも、これって他店でも真似のできること。

他所より安く売ろうとするお店は出るし、チラシだって打つお店は出てくるわけで。

…本当は、自店独自の他店ではマネのできない商品、サービスを持つ。

ココが1番なのかもしれないですが、個人店や小規模店ではなかなか難しい。

じゃあ、どうするか?

 

そう、ここで【人柄】の登場です。

【人】の部分を出していくんです。

販売しているモノが同じであれば、いくらそこで他店との違いをつけようと思ってもしんどい。

なので、【人】の要素を入れていくわけです。

 

・・・お客さんがお店を選ぶには、何か理由があるわけで。

「家から近い、、、」

「値段が安い、、、」

「以前からずっと通っているから」

それぞれ何かのウリがあって、お客さんはそこへ買い物しに行っている。

だからここに、「あの人がいるから、好きやから、、、」を付け足していく。

そうなるように持っていく、ということです。

 

スッとできる事じゃないっていうのは、分かっています。

でも、やらなきゃ、、、

モノ(商品)だけの要素で選んでもらうのは、しんどいですよ。

特に、個人店や小規模店は。

・・・【人】っていうのは、存在だけでオリジナル。

独自なモノ。

ここがモノ(商品)と違うところ。

【あなた】は1人だけ。

他店に行っても、いませんからね。

だからこそ、あなたの存在をどんどんアピールしていった方がいいんです。

 

っと、ここまで書きながら、、、

「じゃあ、【人】の要素を商売に入れていくの?」

そこの話、抜けてるじゃん!

っていうヤジが飛んできそうですね(笑)

それも書いちゃうと、それこそ長くなっちゃうので。

その話はまたの機会にお伝えしますね。

・・・大丈夫、ちゃんとしますからね(笑)

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。