知るか?知らないか?で、POPの成果は大きく変わる

POPには、2つのタイプがある。

「●●をつくるPOP」と、

「■■をつくるPOP」

ここを掴んでつくるかどうか?

で、POPから得られる成果は大きく変わってくる。

それくらい、重要なミソの部分になってきます。

・・・晩ご飯か?おやつの途中だったか?

に、POPの講義をしてました、、、なんと妻に対してです。
キッカケは何だったか?
ちょっと思い出せないのですが、POPについて、アツく妻に語っていました。
主な内容は、こんな感じ。

 

「POPっていうのはね、見せるモノと売上に繋げるモノ、2つがあってね。
 売場をつくるPOP。
 そして、購入につなげるPOP、この2つだよ。

 あそこの●●(スーパー名)のお店にあるPOP、
 アレ見ても、欲しい!っていう気持ちにならないでしょ?・・・・・・」

こんな感じで、ちょっとアツく語ってしまってました。
しかも、妻に!です(笑)

 

・・・そう、POPには、2つのタイプがあるんです。

1.売場をつくるPOP
2.売上をつくるPOP

この2つです。

 

前者1.は、言ってみれば、お店の雰囲気づくりに一役買うPOPです。
僕がたまに行くあるスーパーには、和紙のような紙に筆文字で書かれた手書きのPOPが売場に並んでいます。
すごく見た目、味があって、イイ感じ。
だけど、そのPOPを見たからといって、そこに書かれている商品が欲しくなる。
そんな感じでもない。
目に留まるけれど、心までは動かない。

ただ、そこにそのPOPがあるだけで、売場の雰囲気がスゴクいい。
そんな風に感じるPOPです。
購入には繋がらないかもしれないけれど、売場やお店づくりに一翼を担っています。

 

また一方、後者2.の「売上をつくるPOP」
こちらは、まさしく売上に繋がるPOPのこと。
お客さんの心を動かし、購入へつながることが目的です。

…例えば、コチラのPOP。
以前、ご紹介したことのある自宅サロンをされる方のつくられたモノです。
自宅サロンをされる方が書かれた手書きPOP

この手書きPOPを書いたことで、
1月目(月半ばからの実践)¥63,818売上げ増
2月目 ¥112,850売上増になりました。
(※詳細はコチラ↓をご覧ください)
設置して2ヶ月目で売上112,000円UPした手書きPOP

 

筆文字で書いて、、、POPのデザインに凝って、、、
という感じでもないでしょ?
白い台紙に黒のペンで書かれたPOP。

だけど、確実に成果に繋がっている。
そう、お客さんの心を動かし、売上貢献している手書きPOPなんです。

 

…どっちが良い、、、悪い、、、の問題じゃないんですよね。
どんな目的でPOPを使うのか?
ココによって、POPを使い分ける。
この考え方がミソなんですよね。

…っと、こんな書き方をしたら、
「いや、売上に繋がるPOPの方がいいわ!
 そっちの書き方、知りたいわ!」
って、思われたかもしれませんね(笑)

 

でも、1.の売場をつくるPOPだって、メリットあるんですよ。
効果的に使うことで、お店のウリ(個性)をつくり出すことだってできる。
「うちのお店は、ウリがない…」
って、困っている店主さん多いですけれど。
手書きPOPをうまく活用することで、お店のウリを生み出せるんです。
…まっ、ここを語り出すと、また長くなるので、この話はまたの機会にしますね。

 

まず今日は、POPには2つのタイプがある。
1.売場をつくるPOP
2.売上をつくるPOP
ここを頭の片隅にインプットしておいてくださいね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。