親近感を感じる文章を書く方法

文章を書く機会って、以前に比べると格段に増えた

そう思うんです。

 

ブログ、FB、ニュースレター、HP・・・、そしてPOP!(笑)

 

そして、それらの文章は仕事にも直結してきます。

言ってみれば、お客さんに響く文章をかけるかどうか?

で、仕事の仕方も随分変わってくる・・・

ということです。

 ・・・では、お客さんに読んでもらえる文章を書くには、どうすれば? 

昨日、ある方とやりとりしてました。
以前、僕のセミナーにも参加してくださった方とです。
っで、メッセージを交換しながら、
「これって、多くの方にとってもそうなんじゃない?」
と、深ーく頷くことがあったので、ブログでも共有しますね。
(ご本人さんからも、ご了解をいただいています)

 

↓いただいたメッセージは、ココから↓
—————————————-

臼井さん返信ありがとうございます^_^

そうですね、
例えば臼井さんのブログのように楽しい文章なのに
しっかり仕事の宣伝をしている、というのをやりたいのにできません。

他の人のブログは商売の宣伝が前にで過ぎていてイヤになるし、
参考にならないです。

(中略)

商売が前提なのは当たり前ですが
温かい近い存在だと感じる文章がかきたいです。

—————————————-

 

・・・っで、さらにやり取りする間にいただいたメッセージ
↓ココから↓
—————————————-

臼井さん、いつもメールばかりすいません>_<

そうなんです、
臼井さんの場合はその心が文章に出ていて、いやらしくないんですよねー。

それがテクニックだとしたらすごい腕前だと思います。

ホームページからブログ見てのお客さんはたまにあるのですが
いまいち自分を出せていなくて(文章表現が苦手)

文章を書く事をまだ仕事の一つとして考えていないのが
原因なのかも知れないですけど。

あ、
臼井さんのPOPの授業に行ったおかげで
うちの唯一の物販商品が飛ぶように売れるようになりました。

ほんとに感謝しています。

実際、施術の時に実演と説明しながら使うと
帰りに買ってくれるというパターンです。

商品にPOPが付いてないとそれだけでは売れにくかったです。

—————————————-

↑ココまで↑です。(※●●さんは、整体・マッサージサロンをされています)

 

・・・やり取りだけを読んでいると
「そうなんだ、ふーん」なのかもしれないです。
ただ、僕が思うのは、このいただいたメッセージに書かれている、

 

>商売が前提なのは当たり前ですが、温かい近い存在だと感じる文章がかきたいです。

 

この部分って、●●さんだけでなく、多くの方にとっても悩みの種だと思うんです。

 

できる限り、売り込み色を出したくない。
お客さんに共感してもらいたい。
関係性をつくりたい。
っで、もし欲を言えば、仕事にもつなげられたら、、、
そのような感じだと思うんです。
ブログにしても…FBにしても…、そんな風に思いながら日々書かれているんじゃないかな。
そう思うんです。

 

…文章って、書き手の精神状態が大きく影響します。

 

例えば、自分が精神的にグラついていて、自信ない時に書いた文章は、やっぱり伝わりにくい。
逆に、比較的、仕事が順調でモチベーション的にも上がっている。
そんな時に書いたモノは、響きやすかったりします。
書き手の気持ちって、その時の文章に出やすいんですよね。
自分では、よく分からなかったりするんだけど、本当にそう。

 

…そしてある意味、人柄が出やすいモノだと思います、文章って。

 

だから、気をつけておかなきゃイケない。
心の中、精神状態が投影されるから。

逆に言えば、その素(普段)のままのあなたで書けばいい。
文章にするからって、あまり型にハマらずにですね。
普段、知り合いや友達に話をするように、、、
話すコトバをそのまま文章に落とし込む感じで。

 

…親しみを持ってもらえる文章の書き方、
多くの方の共有できるコンテンツにできるか?
ちょっと考えてみますね。
できるようになったら、また報告します。

 

…では、今日は映画を楽しみます(笑)

冒頭の写真のね。

ただし、もうちょっと仕事してからね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。