答えも間違いもない、だから筆文字は楽しい

 

昨日、地元高知のカルチャーセンターで「筆文字教室」をさせてもらってきました。

 

ある意味、僕の初めての試みです。

というのもね、普段は、ご商売やお仕事で筆文字を使われる方へ向けてのセミナーが多いんだけど。

昨日のは、ほぼ一般の方が対象で。

日々の生活の中で、筆文字を取り入れていく。

そんな皆さんと時間をご一緒させていただきました。

 

地元カルチャーセンターでの「筆文字教室」の様子

地元カルチャーセンターでの「筆文字教室」の様子

 

筆文字を書くと、楽しい

昨日、教室をやりながら感じたことがあったんです。

それは、「筆文字を書くと、楽しい気持ちになれる」っていうことです。

男性女性、年齢も関係なく、

筆ペンを持って、文字を書いていると、自信が生まれて思わず笑顔になれる。

昨日の講座は2時間だったけど、参加者の皆さん、ほんとそうだった。

 

・・・講座が始まってしばらくは、

「もう、字を書くのが苦手で、、、広告に字がヘタでも大丈夫って書いてあったから、、、」

みたいな感じで、ものすごく恥ずかしそうにされていた参加者のみなさん。

それこそ、僕が話しかけても遠慮がちで。

チョットうつむきながらお話しされる感じだった^^

(初めてで恥ずかしいというのもあるんだろうけど)

 

その皆さんが、時間が経つにつれ、筆文字を書くことに慣れていくにしたがって、、、

お顔が変化していったんですね。

笑顔が出てきて、何か僕がお聞きしても、

「そうなんですよー!」

ポン!と返してくださる。

(声の大きさやハリも全然違う)

明らかな変化が現れる。

 

参加者さんのご感想

参加者さんのご感想

 

答えも間違いもない、だから自信につながっていく

 

初めは、まわりの方の書く字がけっこう気になるんです。

「みなさん、あんなお上手に書かれているのに私のは、、、」

っていう感じでね。

だけどね、時間が経っていくと、

「なーんだ、何となくつかめてきかも、こんな感じもイイじゃん」

って、ご自身の字を受け入れられるようになる。

愛着を感じるようになるんです。

 

その理由は、筆文字には答えも間違いもないから。

 

こうして書かなきゃイケない、という正解もない。

逆に、こんな書き方はダメというのもない。

だから、自分で書く字を受け入れられる。

そして、徐々に自信を持てるようになるんです。

 

・・・昨日の2時間の教室、最後のほうには皆さんその感じが現われていましたけど、

皆さん、「書く」という楽しみを感じられたと思う。

はじめ抱いていた「書く」ことへの抵抗感。

「字に自信がない」っていう思い。

そんなのを忘れて、

「これで良いんだ」

「こんなのも」

って、自信を持てる。

 

僕も初の試みで、「楽しみ」という感情の裏には、「ドキドキ」感が満載でしたけど(笑)

楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

●他の参加者さんのご感想も一部ご紹介しておきますね

 

参加者の方のご感想

楽しい2時間でした

2

集中力アップにもつながる気がします

4

字を書くのがおもしろくなりました

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。