成果を上げる方の手書きポップに共通する3つのこと

 

今朝、玄関を出ると、いつもと違う黄色い明るい朝陽が見えた。

チョットいつもと違う散歩ルートを通ってみました。

 

いつもと違う道を通ると、新しい発想出るかなーなんて想いながら

いつもと違う道を通ると、新しい発想出るかなーなんて想いながら

既成観念を打ち破る

今日のテーマは、手書きポップを学んだときに成果につなげる秘訣です。

学んでなるべく早いタイミングで結果を出す。

そのコツの話です。

 

僕が思うに、手書きポップで成果を上げるには、既成観念を打破すること。

ここが大きいポイントだと思っているんですね。

今、抱いている(もしくは意識してはいないけど、潜在的に持っている)そんなイメージを打ち破る。

すごくカギになってきます。

成果を上げる方のポップには共通点がある

昨日も地元高知で手書きポップの講習会でした。

それで、先程言ったようなこと、そこをすごく実感したんですね。

 

僕が手書きポップの講習会をさせてもらうと、参加者の方にたくさんポップを書いてもらいます。

1時間半~2時間の講習会で、大体2回から3回は書く。

昨日は、1時間半だったけど、皆さんには3回ポップを書いてもらいました。

 

・・・でね、書いてもらったポップを見させてもらっているでしょう。

すると、

「あぁ、この人って、掴んでるよなぁ。

これ、このままお店に置いたら、すぐに成果上がるんじゃないかな。」

という方が、毎回何人かいらっしゃるんです。

明日からでも、もうイケるんじゃない?という方が。

先日の記事でも書きましたけど、こういう方が。

■【書いた翌日には商品が売れ出す、それが手書きポップの効果】

 

っで、その成果が上がりそうなポップを書かれる方には、ある一定の共通点があるんです。

手書きポップを学んでスグに成果につなげる方の3つの共通点

講習会で手書きポップの書き方を学ぶ。

っで、即、成果を上げる方(のポップ)には、共通点があります。

この3つです。

 

  1. 学んだ書き方で書く(今までのやり方を捨てる)
  2. 文章で書く
  3. 自分を出す

他にもあるけど、大まかに挙げるとこの3つです。

1.学んだ書き方で書く(今までのやり方を捨てる)

これまでポップを書かれている方も、初心者の方も、何かしら手書きポップに対してのイメージを持っている。

そして、そのイメージに沿って、ポップを書かれることが多いんですね。

「ポップっていうのは、こういうモノだ」

そんな印象を持ちながら、ポップを書かれているんですね。

 

コレっていうのは良いことでもあるんだけど、何かを学ぶという時には、壁になることが多くって。

先入観を捨ててしまわないと、新しい結果が得られない。

いつもと違う、新しい手書きポップの書き方で書いてみないと、新しい結果は得られないんですね。

講習会で学んだやり方で、一旦はポップを書いてみる。

1つ目のポイントです。

2.文章で書く

手書きポップに書くメッセージ、これを文章で書くということです。

ポップっていうと、

  • 短い
  • インパクトのある言葉
  • 耳触りのいいフレーズ

このようなイメージがすごく強い。

ただ、先程の1.でもお伝えしたように、1度は既成観念を捨てる。

 

「手書きポップのメッセージは、短く、歯切れ良いメッセージじゃなくてもいいんだ」

「多少長くなってもいいんだ」

新しい意識で書いてみる。

口で言うほど意外とカンタンじゃないんだけど、結構ポイントになってきます。

3.自分を出す

「自分を出してください」

「皆さんが思っている気持ちをそのまま書いてください」

っていう話を、講習会の中でボクは連呼します。

ほんと、何回言うねん!っていうくらい、連発して言います。

 

自分の気持ち(思っている・感じていること)をポップに書く。

すごく抽象的な話なんだけど、すっごく大事なポイントです。

「商品に対して、あなたが思っていることをいかに出せるか?」

3つのポイントの中で、もっとも重要な1つになってきます。

 

 

・・・繰り返しになってしまうんだけど、手書きポップは比較的早い段階で成果を出すことができるツールです。

学んだ翌日から売上が上がる。

そんなことがしょっちゅう起きるツールです。

その1つの分岐点が、今日お話しした成果を上げる方の共通点になってきます。

 

昨日の講習会でも、最後に参加者さんにポップを書いてもらったんだけど、

「・・・帰ったら、もう、そのまま売場に置いてみてくださいね」

という方々がたくさんいらっしゃいました。

今日お話した3つの共通点に合致されていた手書きポップが多かったんです。

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。