こちらが思っている以上にお客さんには伝わりにくい

 

先日、ある美容院さんのサポートに入って来たんですね。

折込みチラシをされたので、そのフィードバックにということで。

オーナーさんが想定していたよりも低い反響だったんです。

 

20150406

ほんの数週間前、サクラの季節はこんな感じだった

2015-04-14 05.52.26

それが、ついこの間はこんな感じに

 

想定の4分の1の反響だった折込みチラシ

昨年にもサポートに入らせてもらっていた美容院さん。

休眠客へのアプローチなどを行いながら、順調に業績を上げられていたんです。

っで、しばらくサポートが空いていた(1年くらい)。

 

その間に、折込みチラシをかけられたんです。

 

すると、オーナーさんが想定されていた反響より低かった。

想定の4分の1くらいしかなかったんです。

「あれーっ?オカシイな」

ということになった。

っで、僕にもチラシを見て欲しいと連絡が来た。

 

でね、見させてもらいながら、話をしているでしょう。

すると、1つの懸念のようなモノが思い浮かんだんです。

こちらが思っている以上にお客さんには伝わりにくい

その美容院さんは、今回、「女性の薄毛」に特化しようと考えられました。

それ用の新たな店販商品や施術サービスも導入されていた。

新商品への導線を考えながら、チラシを撒かれた。

 

もちろん、通常のカットの新規客も開拓したかったけど、「薄毛」に悩まれているお客さんの目に留まれれば。

そこのお客さんに新しく来てもらえれば。

そんな想いを抱きながらチラシをつくり撒かれた、ということがオーナーさんとのやり取りで分かったんですね。

(チラシ製作は代理店に任された)

 

・・・その意図をお聞きしながら、あらためてチラシを見てみると。

「ちょっと伝わりにくいのかなぁ」

という風に感じたんです。

 

チラシの表面で「薄毛」に対するニーズの掘り起こしをされている。

具体的に、薄毛に関する現状などをメッセージの中で伝えられていた。

っで、紙面裏面で、その薄毛対策の商品やサービスを紹介されているんです。

オーナーさんからすれば、表面を読んだ方が、裏目のサービスに興味を持って来店してくれるだろう、そうシナリオを描かれた。

ただ、その「ニーズの掘りおこし」⇒「商品・サービス」への繋がりがちょっと弱い気がしたんですよね。

あくまでも結果論なんだけど、、、

うちのお店は、●●に特化したお店です。

だから、こんな商品やサービスを扱っています。

というオーナさんの意図(想い)が、お客さんに伝わり切らなかったのだと思うんです。

 

オーナーさん的には、

「ちゃんと伝えているのに、、、」

ってなられていたんですよ、おそらく。

ただ、そこがご本人が思っている以上にお客さんに届いていなかった。

 

この課題、色んな案件に関わっていると、よく出てきます。

こっち(お店側)は、こういう意図を持ってやっている。

だけど、意外とそれがお客さんに伝わっていない。

・・・どうして??ってなるパターン。

結構多いですよ。

 

 

今回の美容院のオーナーさんには、

  • チラシのレイアウト
  • 魅せ方
  • メッセージ内容 など

を通じて、今後の僕が思う対策をお伝えさせていただきました。

来月またお伺いしますが、その時までにポスティングも実施してもらう約束もしました。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。