メニューブックには、お料理以外のことを載せてもイイんじゃない?

 

「商品の部分だけじゃなく、そのまわりも一緒に伝えてみる」

この考え方を持つと、ある意味、発信するのがすごく楽になる。

さらに、発信するメッセージが興味を持たれやすくなる。

いろんなメリットが生まれます。

 

以前、サポートに入ったある飲食店さんでも、このことを実感しました。

 

今年もたっぷり桜を満喫させてもらえました

今年もたっぷり桜を満喫させてもらえました

キッカケを掴みたくて、したある質問

あるレストランさんだったんですけどね、

メニューブックをリニューアルするということになったんです。

 

メニューの選定から始まり、その伝え方をどうするか?

社長さんやスタッフさんと一緒に考えていたんです。

 

でね、一つひとつのメニューを説明する、

そのためのメッセージを考えた。

「どんなコトバを書くと、お客さんに響くんだろう?」

「どんな風なメッセージだと、注文増えるんだろう」

とか、色々考えていたんです。

 

でね、頭をグイグイひねりながら考えていたんだけど、イマイチいい案が出てこなくてね。

前に進まなくなって、その場が停滞した。

そこで、何か風穴を開けるキッカケをつかみたくて、スタッフのお一人に話をふったんです。

質問をしたんです。

 

「●●さんは、例えば、どんなお客さんに来ていただきたいんですか?

 あと、来てもらった方には、どんなことを感じてもらえると嬉しいとか、

 ・・・なにか、そんなのってありますか?」

 

現場全体を束ねる統括マネージャーにお聞きしたんです。

そうしたら、

 

うちは、山の中にあるレストランなんですよね。

街にあるんじゃなくて、どちらかと言うと田舎にあって。

 

っで、なんて言うんだろう、、、

こう、来てもらった方には、ホッとして帰ってもらいたいんですよね。

お食事をしてもらって、ゆったりとした気持ちになってもらって、、、

私たちとのんびり話とかもしてもらって。

・・・・・

 

そのマネージャーは、こんなお話をしてくださいました。

 

それをお聞きしていてね、すごく僕に響いてですね。

こんなコトを言いました。

「今、マネージャーがお話しされたこと、メニューブックにも載せられたらどうですか?」

メニューブックには、お料理以外のことを載せてもイイんじゃない?

僕ね、思ったんですよ。

メニューブックに載せるのは、なにもお料理のことばかりじゃない。

他にも、、、例えば、そのお料理をつくられているシェフのこと。

レストランで働かれているスタッフさん。

そんな方々の話を載せてもいいんじゃないの?って。

 

もちろんね、お料理の美味しさを伝えたい、

その気持ちって、お店の方からすると強いと思うんですね。

お客さんもそこを求めているかもしれないです。

 

ただ、、、そこの情報(メッセージ)を考えるのって、ひと苦労だったりするんですよね。

なかなか思い浮かばない。

出てきても、チョットありきたりな感じのモノになってしまうケース、

結構多いんです。

 

そんな時は、視点を「商品」から例えば、「人」にずらしてみる。

今回のケースでいえば、マネージャーですよね。

 

  • 日々、マネージャーは、こんな気持ちで仕事に向かっている
  • 来てもらったお客さんには、こんな気持ちになって帰ってもらいたい

 

そんなことを思ってお仕事されているわけですよね。

そのお気持ちの部分をメニューブックで伝えてみるんです。

 

僕は意外と新鮮だと思いますよ。

通常だったら、原材料のこだわりだったり、どれだけこだわっているのか?

そのような情報が多い中、

お料理をつくられている方のことであったり、ホールを任されているスタッフさん。

そんな方々のお気持ちやメッセージが伝わってくる。

また違った魅力を感じられるお店になると思うんです。

 

いつも言っていることだけど、人間って、モノやサービスよりもヒトに共感する生き物だから。

 

 

商品の魅力、良いところを伝えるのって、意外とひと苦労だったりします。

そんな時は、

「商品の部分だけじゃなく、そのまわりも一緒に伝えてみる」

すると、そこがメッセージを考える上での1つの突破口になる。

あと、メッセージ自体が親しみやすいモノになりやすいですよ。

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。