より自律的に、継続的に行動してもらうために~モチベーション

 

どうしたら、、、

「こちらの言うコトが、相手に伝わるんだろう?」

「こちらがやって欲しいコトを、相手はやってくれるんだろう?

 それもイヤな気にさせず、なるべく継続的に、、、」

 

僕自身が子育てに関わっている(5才の娘がいる)、

そういう状況もあって、上記のようなコトを考える機会があるんですね。

 

っで、先日、読んだ本にある興味深いエピソードが書かれていました。

 

うちの娘が恐ろしいほどハマっているUNO~朝晩、1日10回くらい付き合わされている

うちの娘が恐ろしいほどハマっているUNO~朝晩、1日10回くらい付き合わされている

気付きの多いあるエピソード

もう何年も高血圧を患っている、ある女性(話手にとっては叔母さん)がいた。

医師からは薬を飲むように指示されていたにもかかわらず、彼女はまったくその処方箋に従っていなかった。

結果、何度も倒れ、緊急治療室に入院を繰り返していた。

 

その度、医師は何度も、

「毎朝、薬を飲まなければならない」

と告げ、従わないと大変になることについて厳しく注意していた。

しかし、彼女は従っていなかった。

どうして、毎朝飲まないのか?尋ねたところ、

「薬を飲むのを覚えていられないから、、」と答えていた。

 

・・・時が空いて、久しぶりにその叔母に会った。

すると、かなり体の調子も良さそうで、薬も忠実に飲んでいた。

 

どうして、何年も薬を飲まなかった彼女が、こうまでも変わったのか?

 

・・・話によると、彼女が医者を変えたそうで。

その新しいお医者さんは、彼女と長時間かけて薬について話し合いをし、その中で、

「1日のうちで、何時に薬を飲めばよいと思うか?」

尋ねた。

 

彼女は、少し考えた後、

「夜、ちょうど寝る前がいいんじゃないかしら」

その時なら習慣になりそうだ、と。

寝る前に1杯のミルクを飲む習慣があるので、そのミルクで薬を飲むのであれば忘れないだろう、と答えた。

 

話はココまでです。(引用:「人を伸ばす力」~エドワード・L・デシ+リチャード・フラスト)

 

ずっと薬を飲まずにいた彼女。

どれだけ医師に注意されても、

「覚えていられない」という理由で、飲めなかった。

しかし、新しい医師が、薬を飲む方法を”選択できる”機会を彼女に与えた。

結果、劇的な変化が起きたわけです。

 

・・・ココから僕たちも学べることがあるんじゃないか?

すごく思ったんです。

このエピソードによる2つの学び

この著書にも指摘されているんだけど、このエピソードから少なくとも2つ気づけることがあって。

 

「何か現状を変えたい」

「誰かに何かをして欲しい」

(例えば、僕の場合でいえば娘に●●して欲しい)

そう思っている時に参考になること。

 

まず、その1つ目は、

1.課題を習慣に関連させることで、行動を継続させやすい

以前まで、医師に、

「薬を飲まなければならない」

と、どれだけ薬を飲む必要性・ヤバさを伝えられても行動を続けられなかった彼女。

 

それが、夜寝る前に、いつも飲んでいる1杯のミルクと一緒に服用する。

ここに関連させたことで、継続的な行動に繋がった。

【寝る前にミルクを飲む(習慣)】+【薬を服用(課題)】

 

僕なりの解釈でいくと、

「●●しなければならない、、、」が、より「自然な行動・楽しめる行動」に関連づけられたんじゃないか、

そう考えます。

 

次に、もう1つの要素。

2.選択できる機会を与えられることで、自律性が芽生える

「●●しなさい」

「●●した方がイイ」

というような感じで、半ば強制的に相手を動かそうとしても、その行動は長続きしない。

よく指摘されていることだし、僕たちも薄々感じている話じゃないですか。

 

しかし、そこに自主性。

当事者に、選択の機会を与えることで、相手に自律性が芽生える。

言ってみれば、他人に強制的にその行動をさせられたのではない、

責任感のようなモノが生まれる。

だから、継続的な行動につながりやすい。

そんな風に僕なりに感じました。

 

 

もちろんね、今回の話のようにスムーズじゃない場合も多いけど。

デキる限り、当事者本人が選択できる機会。

ここをつくることで、後々の望ましい結果に結びつく可能性は大きくなる。

 

お客さんと接することの多いお仕事、カウンセリング。

あとは従業員さんへの接し方にも通じるモノがあるはずです。

僕も娘の接し方に活かしたいと思ったことでした。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。