どうして、お客さんはうちのお店で買わないんだろう?

今の時代って、自分のお店独自の商品を売る。

これって、すごく難しい状況だと思うんです。

…というのも、大概どこかのお店へ行けば、似たような商品が売っている。

アマゾンでも売られてる。

そんな状況だと思うんです。

だけど、自分のお店で買ってもらいたい。

一体、どうすれば?

僕、最近よく感じることがあるんです。
地方都市の商店街でご商売をされるお店さんのサポートをさせていただく。
そんな機会が多くなってくると、思うんです。

「モノだけで勝負していては厳しいよな」って。
モノである商品だけを売っていてもしんどいな、って。
今って、どこかのお店へ行けば、大体どんな商品でも手に入るじゃないですか。

たとえば、あなたが文房具屋さんで、すごくこだわったノートを売っていたとする。
紙質がよくて、字がものすごく書きやすい。
そのこだわりを一生懸命伝えて、売っている。
…でも、でもですよ、そのノートっていうのは、あなたのお店でしか買えないか?
っていうと、そうでもなかったりする。
お客さんがちょっと足を伸ばして、郊外のショッピングモールへ行けば、そこで売られているかもしれない。
もっと言えば、インターネットでちょっと調べれば、Amazonで手に入る。
そんな状況なわけです。

そして、さらに厄介なのは、そういったお店に行けば、多品目で、しかも低価格で手に入れることができる。
あなたのお店よりもずっと安い価格で買えるわけです。

・・・これって、すごく厳しい状況です。
こんな状況でもまだ、「どうして、お客さんはうちのお店で買わないんだろう?」
って考える方が難しいくらい。

当然、お客さんは、色んな種類が選べて、しかも安くで買えるお店から買う。
これが自然な流れですもんね。

でも、お店側としては何とかして、自分のお店で買ってもらいたい。
買ってもらわなきゃイケない。
…じゃぁ、一体どうすれば?

昨晩のセミナーでは、この状況を打開するための秘策をお伝えしてました。

今の時代、商品情報だけを伝えてても振り向いてもらえません。
選んでもらうことはできません。
たっくさんのお店の中から自分のお店を選んでもらう。
そのカギは、「人」にあるんです。
そう、あなたをどんどん売っていく。
この発想が欠かせないんです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。