いかに、お客さんの目に留まりやすくするか

 

 よくいただくご相談の中に、 

どうやったら、お客さんの目に留まるのか?

という話があるんですね。

 

手書きPOPを書いても、お客さんの目に留まっていないみたい、、、。

ブラックボードを置いたけど、読んでくれる人が少ないみたい、、、。

一体、どうやったら、目に留まるんだろう?

という悩みです。

 

今日は、そこを何とかするための1つのアイデアの話です。

お客さんの目に留めてもらうために

例えばね、あなたのお店の売れ筋商品。

人気の商品があるじゃないですか。

その商品の隣にね、あなたがこれから売りたいと思っている商品を置いてみるんです。

 

例えば、パン屋さんだとして。

お店で1番人気のクリームパンがあったとします。

その横の売場に、あなたがこれから売りたいと思っている塩パンを置いてみる。

そんなイメージです。

 

あとは、人気の商品じゃなくても、その売場(カテゴリー)の目印となる商品。

その横に置いてみる。

というのも、お客さんというのは、お店を見て回る時にある特定の商品を見つけることで、その売場を認識しているそうです。

例えば、ソフトドリンク売場であれば、コーラを見つけることで、

「ここは、ドリンク売場なんだ」

 

ポン酢だったら、売場の中に馬路村のポン酢を見ることで、

「ここは、ポン酢売場だ」

という感じで確認している。

 

そんな行動パターンが、人間(お客さん)にはあることが調査結果から分かっています。

なので、この行動パターンを活用してみるんです。

”威光効果”をつかって、目に留めてもらう

お店の人気商品、目印商品。

もしくは、売りたいと思っている商品と同じカテゴリーの人気商品。

その隣に、あなたが売りたい商品を置いてみる。

そうすれば、お客さんの目にも留まりやすくなるという脚本(シナリオ)です。

 

中学とか高校の頃にも、よくいませんでした?

クラスで目立つ、人気のヤツがいる。

そして、その横にいるサブ的なヤツ。

すると、そのサブ的なヤツもちょっと目立つ。

そんな感じかな。

「後光効果」とか「威光効果」と云ったりします。

 

あと、もう1つ。

僕だったら、ここにもう1スパイスを利かせてみたらイイんじゃないか?

って思うんですね。

せっかくだから、その売りたい商品に一緒に手書きPOPを置いてみたら、って。

 

例えば、こんなPOPでもイイのでね。

 

2015-03-19 06.39.28

文章はどんなコトでもいいので、あなたの正直な気持ちを伝えてみる

 

 

そうすることで、お客さんに目に留めてもらえる確率はちょっとでも上がるんじゃないか?

そう考えるんですね。

 

まぁ、あくまでも試みなので、売れ行きをテストしながら修正も必要だと思うけれど。

売りたい商品があって。

手書きPOPもつけているけど、どうも、お客さんの目に留まっていないみたいだ。

そんな時には、人気商品の隣に置いてみる。

1つの方法ですね。

 

というわけで、今日もチャレンジしていきましょう。

 

2015-03-18 13.10.54

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。