うまくいけば、実店舗で買い物してもらう醍醐味になってくる

 

昨日、会員さんとのスカイプ相談日だったんですね。

っで、ある会員さんに、

 

何を買えばイイのか分からなくて困っているお客さんもいる。

うまくオススメしてあげると、それは満足につながってきますよね。

 

そんな話を、僕の体験談を交えてさせてもらっていたんです。

何か買いたいんだけど、、、

先週末、僕はあるリカーショップでワインを買おうとしたんですね。

だけど、売場で何を買おうか?

散々迷うことになったんです。

 

・・・赤より白の方が僕には飲みやすいだろう、というのはあったんだけど。

僕のワインの知識は、それくらい。

それ以外は、まったくノーアイデア。

っで、売場を散々ウロウロした挙句、エンド(陳列棚の端)でお勧めされていたワインを買って帰ることになりました。

 

ここで、例えばの話なんだけど。

売場でウーンウーン唸っていた僕に、店員さんが近寄ってきて、

 

「何かお困りですか?」

「ワインをお探しなのですか?」

「お好みとか、予算とかありますか?」

 

っていう感じでやり取りをして、何か店員さんがワインをお勧めしてくれていたとしたら、、、。

おそらく僕は、その店員さんのオススメを買っていた。

少しばかり僕が想定していた金額より高ったとしても、たぶん満足してレジに並んでいたと思うんです。

 

空を見てると、結構飽きないんですよね。最近ハマってます

空を見てると、結構飽きないんですよね。最近ハマってます

お金がないというよりも、買いたいモノが分からないだけ

退屈しているお客さんって、多いと思うんです。

 

僕だけの意見かもしれないんだけど、日々の生活に退屈をしている。

なにか楽しみやオモシロいことを探している。

その気持ちを満たすために、買い物を1つの選択肢にしている。

そんな方って、意外と多いと思うんですね。

 

例えば、コレといって決まった欲しいモノがないのに、お気に入りの洋服屋さんの通販サイトをぐるぐる見ちゃうとか。

 

消費をすることで、退屈を解消できるんじゃないか?

楽しみを得られるんじゃないか?

心を満たすことがデキるんじゃないか?

 

そんな欲求を、知らずのうちに持って買い物をされている。

そんな方って、けっこう多いと思うんですね。

「オススメをする」⇒「買い物の楽しさ」につながる

っで、話は戻って、先週末の僕のようなお客さん。

何かを買いたいけど、何を買ったらイイのか分かっていない。

そんな方々に提案をしてあげる。

オススメしてあげる。

 

それは、お店側の1つの役割でもあると思うんですね。

 

オススメした商品を、お客さんが自宅に帰って使う。

食べたり、飲んだりしてみる。

そこで、その商品に満足できたなら、それはそのままお店の満足度につながってきます。

お勧めしてもらったことへプラスの感情になってくる。

そして、実店舗で買い物をする醍醐味になってくる。

 

 

もちろん、お客さんは全員が全員、オススメされたいわけじゃない。

中には、じっくり自分で商品を選びたい人もいますよね。

そんな方にヘタにお勧めしちゃうと、逆効果。

なので、そんな時につかうとイイ便利なモノがありますよね。

 

あなたもご存知の、、、、そう、あのツールです。

 

手書きPOPですね(笑)

手書きPOPをつかうと、お客さんへの提案がやりやすくなってきます。

 

というわけで、最後に今日の話をチョットまとめておくと。

 

お客さんっていうのは、退屈している。

買い物をする(お金をつかう)ことで、心を満たしたいと思ってる。

だけど、何を選べばイイのか分からない。

そこで、オススメしてあげるのが、お店側の役目。

オススメしてあげることは、何も悪いことじゃない。

お客さんを満足させてあげられれば、それはそのままお店の魅力。

実店舗での買い物の楽しみにつながってくる。

 

直接、お客さんにオススメするのが苦手、時間がない。

そんな方は、手書きPOPなどのツールを有効につかっていくとイイですね。

 

今日の話が、あなたに何か伝わっていると嬉しいです。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。