”野菜”じゃなくて、”生産者”にファンがついていったんです

 

昨日もDVDを借りて、観てしまいました。

ほんと無趣味のボクにとって、唯一の好きなことのような気がします。

映画を観るのって。

マットデイモン、けっこう好きなんです~Amazon.co.jp~

マットデイモン、けっこう好きなんです~Amazon.co.jp~

 

 

僕が販促物のサポートに入った会社やお店でよくお伝えする話があるんです。

大阪の産直店時代の話なんですけどね。

 

どうして、手書きPOPの手法をつかうとイイのか?

”人”の部分を伝えた方がいいのか?

 

そこをサポート先の会社の社長さんや店主さんに分かっていただくために、よくお伝えする話です。

はじまりは、段ボールの切れ端に書くところから

このブログでもよく書かせていただくんだけど、僕は今から10年くらい前、大阪のとある産直店で働いていました。

売っている商品の90%以上が高知県の食材。

民間がやっていたんだけど、いわゆる高知県のアンテナショップみたいなお店でした。

 

そのお店の1番のウリは、高知県の生産者さんから送ってもらった野菜や果物。

今でいう”産直”の野菜や果物です。

その青果物を売場に並べるときに、POPをつかっていたんです。

 

働き出した当初、生産者さんから送られてきた野菜が入った段ボール。

その切れ端に、

 

このトマト甘いです。

糖度10度、オススメです!

高知産トマト ●●円

 

こんな風なことを書いて、売ってました。

 

すると、結構イイ感じだったんです。

明らかに、段ボールに何かを書いたモノと、何にも書いていない野菜とでは売れ行きが違った。

書いた方が圧倒的に売れ行きが良かったんです。

 

・・・っで、話はここで終わりません。

つくっている方への思い入れがだんだんと、、、

毎日、生産者さんと電話でやりとりをしていました。

発注や野菜の収穫状況など、、、何十人もの生産者さんと代わる代わる電話で話をしていました。

人によっては、野菜の話だけでなく、ご家族の話なんかもしたりして。

 

年に数回は、高知へ行かせてもらって、生産者さんの現場の畑にもおジャマさせてもらっていました。

っで、畑作業を一緒にさせてもらって、そのまま生産者さんのお宅に泊まらせてもらって、、、みたいなこととかも。

 

するとね、段々と生産者さんへ思い入れが湧いてきたんです。

 

みなさん、ものすごく温かい方ばかりでね。

好いオジサンやオバサンの方が一生懸命、お野菜を育てられている。

そんなお話や姿を見させてもらっていると、その方々が好きになっていったんです。

っで、

 

この方達のことを、お客さんに知ってもらいたい。

 

そんな欲求が僕の中に、ふつふつと湧いてきたんです。

 

こんなに一生懸命、野菜を育てられている人がいる。

そして、こんなに好い人で。

そんな方々のことをもっと知って欲しい。

 

強く感じるようになって、POPに書くようになったんです。

 

IMG_0591

「生産者さんのことを知って欲しい」その気持ちからPOPに書く内容は変わった

 

書く内容がモノから人に変わることで、さらに売れた

今までは、段ボールの切れ端には、

 

このトマト甘いです。

糖度10度、オススメです!

高知産トマト ●●円

 

って書いたいたモノが、

 

このトマトを育てられている●●さんは、こんな方で。

元々、サラリーマンをやられていました。

だけど、もっとご家族と一緒に過ごしたいと思われて、農業をされるようになった。

・・・・っで、高知県へ移住して、、、、、

 

みたいなことを書くようになったんです。

 

今までは、モノ(商品)中心の内容だった。

だけど、途中からは、人(生産者さん)中心に書くようになったんです。

生産者さんのことをお客さんに知って欲しかったから。

 

そしたらね、以前よりお客さんが反応が違うのが分かった。

売場の前でね、立ち止まってPOPを読んでいる。

結構ボリュームのある文章を書いていたにもかかわらず、足を留めて読んでいるのが分かるんです。

っで、それにともない野菜も売れていった。

”野菜”じゃなくて、”生産者”にファンがついていったんです

野菜が以前より売れるようになった、というのは勿論なんだけど。

それよりもう1つ顕著な変化が起きたんです。

 

僕のお店に送ってくれる生産者さんは、少量多品種で野菜を育てられている方が多かったんです。

キャベツだったら、キャベツを大量につくって、という方じゃなくて、いろんな野菜を少しずつ、、、。

という方が多かった。

 

っで、例えば、その生産者さんがキャベツの時期が終わって、次にナスを送ってくるようになる。

オクラを送ってくる。

キュウリを送ってくる。

するとね、それら全部が売れていったんです。

その生産者さんのコーナーを売場につくって、POPと1枚並べておくとある程度、放っておいても売れていったんです。

 

1つだけの野菜じゃなくて、その生産者さんの野菜をまとめて買う。

「その生産者さんの野菜が欲しいんだ」

みたいなお客さんが増えていったんです。

 

”生産者買い”って、僕は呼んでいるんですけどね。

ある生産者のファンになって、その生産者さんがつくる野菜なら買う。

そういうお客さんがどんどん出てきたんです。

 

”野菜”じゃなくて、”生産者”にファンがついていったんです。

 

 

ざっくり言うと、これが、僕が手書きPOPを勧める理由。

そして、POP(販促物)に、”人”の話を書いた方がイイよ。

そうオススメする理由です。

 

今のように商品がいっぱいあって、

「何を買えばイイのか?」

お客さん的にも分からない時代。

そんな時に、商品のクオリティの部分で違いを伝えるのって、ものすごくタイヘンだと僕は思うんです。

 

だったら、そこに”人”の要素を加えてみる。

すると、それが違いを生み出す。

選ばれる要因になる。

僕は産直店時代の経験から、強く感じています。

 

”モノ”(商品)じゃなくって、”人”(共感)でお客さんと繋がると、お仕事自体もオモシロくなりますからね。

 

一方的な自分の話をお伝えしちゃいましたが(反省)

僕がいつもお伝えする話の根底にあるのは、こんなところです。

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。