読まれるブラックボードにするには、どうすれば?この2つの要素が欠かせない

 

昨日、2社の手書き販促サポートに入っていたんですね。

1軒目は、小売酒店。

2軒目は、魚屋さん。

 

東京都内と高知県のお店。

電話(スカイプ)での相談と訪問サポート。

やり方は違っていたんだけど、成果を上げられていた販促物は同じでした。

両店とも共通して、ブラックボードがPOINTになっていたんです。

 

っで、今日は、その2店から感じたブラックボードの活用の仕方。

ブラックボードを書く時に、意識すると成果が出やすい2つのコトについて共有しますね。

 

 

ブラックボードじゃないですが、、、娘のイラストも少しずつ上達してきました(笑)

ブラックボードじゃないですが、、、娘のイラストも少しずつ上達してきました(笑)

 

読まれるブラックボードにするには、どうすれば?この2つの要素が欠かせない

ブラックボードで成果を上げるには、まず読まれること。

ココが圧倒的に欠かせないですよね。

逆に言えば、ブラックボードを書いても成果につながっていない時。

それっていうのは、お客さんに読まれていない。

そこが最大の壁になっているわけですよね。

 

じゃあ、読まれるにはどうすればイイのか?

まず、1つ目です。

1.書いている人の”顔写真”を貼る

これについては、ご存知の方も多いと思うんです。

 

例えば、チラシや手書きPOPでもそうですよね。

店長さんや商品をオススメしている人の顔写真を入れる。

それだけで、お客さんの目に留まりやすくなる。

テクニック的なことだけど、けっこう効果がありますよね。

これをブラックボードにも当てはめるわけです。

 

昨日、サポートしていた酒屋さんもそうでした。

 

以前から、ブラックボードをお店の前に置かれていた。

「これをもう少し活用していきたいですよね。」

なんて、前から店主さんと話していたんです。

っで、先月からそのブラックボードに、店主さんの顔写真を貼るようにした。

 

すると、

明らかに、お客さんが立ち止まっているのが分かるんです。

ニヤけている方もいるんで、ちょっと恥ずかしいんですけど、、、(笑)

店主さん、おっしゃっていました。

 

っで実際、お店に入って来た時に、ブラックボードで紹介した商品を訊ねるお客さんもいらっしゃるとのことで。

「引き続き、商品を代えてやっていきましょうね」

となりました。

 

 

ブラックボードに目を向ける対象者(見込み客)というのは、何かしら動いている方が中心です。

自転車に乗っていたり、歩いていたり。

だから、文字だけでなくイメージで訴えるのって欠かせないですよね。

イメージで訴えて、文字で説明する感じ。

 

まさに、今回の酒屋さんはそのパターンで成果を上げられました。

 

 

では、続いて2つ目です。

読まれるブラックボードにするために意識したいことの2つ目。

それは、「”書いている感”を出すこと」です。

 

・・・ただ、この話については、次回の記事でお伝えします。

今日2つともお伝えするつもりでいたのですが、1つ目でスペースを割き過ぎました。

これ以上長く書いちゃうと、あなたが読むのイヤになっちゃうと思うので(苦笑)

なので、明日の記事でお伝えします。

ごめんなさいね。

 

というわけで、読まれるブラックボードにするために意識したいこと。

1つ目、「顔写真を入れる」

とりあえず、ここだけは実践しておいてくださいね。

知っているのと、実際に実行するのとでは大きな違いがありますからね。

では、また明日です!

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。