【手書きPOP】=【集客】につながる理由は2つ

 

まず、はじめに1つ。

昨年末からお届けしている、手書き販促を動画で学ぶ【手書きPOPチャンネル】

実は、昨日が今週の放送日でした(毎週火曜日放送しています)。

ただ、事情があって、放送できませんでした。

楽しみにお待ちいただいていた方、ゴメンナサイね。

次週(火曜日)は、しっかり放送いたしますのでね。

 

・・・というわけで、ここから本題です。

今日のテーマは、「手書きPOPは集客につながらない!?」

この話です。

 

 

先日、娘が保育園で買ってきた商品~家でもお店を開いてくれました

先日、娘が保育園で買ってきた商品~家でもお店を開いてくれました

 

手書きPOPは、集客ツールじゃない!?

僕、いろんな方とお話をしていて、たまに思うことがあるんです。

手書きPOPと集客とを別々に考えられている。

【手書きPOP】≠【集客】

こんな風に考えられている方が多いよな、って。

 

手書きPOPは、客単価UPの施策。

集客とは、別の活動。

集客しようと思えば、例えば、チラシとかもっと違うことをする必要があるんじゃないの?

POPとはまた違うだろう、、、そんな風に思われている方が多いんじゃないかなって。

 

たしかに、同感です。

手書きPOPというのは、待ちのツールで。

お店に置いておいて、来店してもらったお客さんに見てもらう媒体です。

なので、来店してもらってなんぼ、、、の世界です。

そう考えると、まずは来店してもらわなきゃイケないんじゃないの?

その数を増やすためにチラシのようなツールを活用していかなきゃイケないんじゃないの?

まさに、そう感じられると思います。

 

・・・ただ、ただですよ。

 

【手書きPOP】≠【集客】

というように、手書きPOPが集客にはつながらない。

まったく関係ない。

そんなコトはなくって。 

結構ココがつながってくる。

手書きPOPをやることで、お店に来られるお客さんの数をアップさせることができるんです。

【手書きPOP】=【集客】につながる理由は2つ

手書きPOPをやることで、来店客の増加につながる。

その理由は2つあって。まず、、、

 

理由1.手書きPOPを書くことで、”伝える力”を鍛えられるから

 

手書きPOPを書こうと思ったら、

「どんなことを書けばイイんだろう?」

「どんなメッセージを書けば、お客さんに響くんだろう?」

と考えますよね。

 

日々、こんなことを意識しながら発信していると、あなたの”伝える力”が鍛えられていきます。

そして、そこで養われた”伝える力”は、他の販促物を書く時にも役立ってきます。

例えば、 

・・・メッセージの中で、書く人の存在感を伝えたり。

・・・一方的な押し付け文にしない。

読まれるPOPメッセージを書く意識は、ブラックボードやチラシにも共通してきます。

もっと言うと、接客やお客さんへのアプローチの仕方にも活かされてきます。

 

 

理由2.個性やウリが生み出されるから

 

僕自身の実体験なのですが、約10年前に働いていた大阪の産直店。

そこにいた時、お客さんによく声をかけてもらったコトバにこんなのがあります。

  • 「何だか、このお店オモシロいわね」
  • 「こんな所に、こんなお店あったのね」
  • 「また来るわね」
  • 「今度は、友だち誘ってくるわね」

 

来店して買い物をしているとき。

買い物を済ませレジでの別れ際、上記のようなコトバをよく言ってもらっていました。

・・・僕なりの解釈をすると、お客さんがこのような印象をもたれたその要因の1つ。

それが、売場の雰囲気にあったと思うんです。

ちょっと他のお店とは違う楽しいワクワクする感じ。

そして、その雰囲気をつくっていたのが、手書きPOPでした。

結果、手書きPOPを書くことが選ばれるお店につながってくる

もちろん、提供する商品やサービスや接客の質も大事です。

他のお店にはない、独自性が必要だと思います。

ただ、今のようなモノが溢れている時代、そこ(商品力や接客力)を磨き上げるのって、並大抵じゃないです。

特に、小規模店になると尚更で。

(他店では売られていないユニークな商品を持つのは、なかなかキビしい)

 

そんな時、手書きPOPがチカラになる。

お店の売場中に、手書きPOPを埋める。

お客さんへアプローチする販促物に、手書きPOPの要素を入れる。

 

すると、お客さんは、エッ!と新鮮味を感じます。

そして、上記の 

  • 「何だか、このお店オモシロいわね」
  • 「こんな所に、こんなお店あったのね」
  • 「また来るわね」
  • 「今度は、友だち誘ってくるわね」

というような印象を持ってくれるのです。

 

結果、たとえ、他店で売られている商品だとしても、少し価格が高かったとしても、選んでもらえるお店になるのです。

 

 

手書きPOPと集客は別。

そういう風に考えられるのも、すごく分かります。

ただ1つ感じていただきたいのは、手書きPOPを実践することが集客にも繋がってくる。

そして、その手書きPOPというのは、参入ハードルが低い。

ものすごく実践しやすい媒体です。

そして、コストもかからない。

なので、まずは実践してみるのに、損はないアイデアだと思います。

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。