あのイチロー選手でさえ

何かを達成したいとき、

結構気持ちの部分が問題になってしまう…。

内面的な部分が解消すれば、前へ進める。

そういうことって、結構あったりします。

先日、テレビ番組を観ていると、イチロー選手の言葉にビーンと琴線が触れました。

先日、NHKのプロフェッショナル。
メジャーリーガーのイチロー選手が出ていた時の放送。
ご覧になった方も多いんじゃないかな、って思うんですけど、心を動かされることが多かったです。

以前のイチロー選手って、結構、ヘン人扱いされることって多かったと思うんですね。
(僕の勝手な思い込みかもしれないんですけど)
なんか、ちょっと変わったことを言う人みたいな。

でも、プロフェッショナルをみて、
「あぁ、やっぱりこの人ってスゴイよな」
って、あらためて思いました(何をエラそうに俺が…っていう感じですが(笑))。

イチロー選手、放送中にいくつもビーンとくる話をしていたんですが、中でも僕の心に残っている、その言葉っていうのが。
今シーズン、イチロー選手が日米4,000本安打を達成したときのこと。
4,000本安打を達成した瞬間、1塁ベース上で観衆からものすごい喝采を受けているわけですよ。
「すごい、スゴイ」って。

…だけど、それから10日後だったかの試合のこと。
イチロー選手が所属する球団ヤンキースがボロ勝ちをしていた試合で代打に出された、と。
つい10日前は、4,000本安打を打って、あんなに騒がれていた選手。
それが、10日後には、勝負が決したような試合の代打で出される。

「これって、ある意味、屈辱なんですよね。
 だって、僕の前に代打で出たバッターは、メジャーで1本もヒットを打ったことがないルーキーですよ。
 その時ほど、結果を残したい、そう思った時はなかったですね。」
って、言ってました。

「4,000本を打った時に感じる感情というのは、ある意味、快感。
 その気持ちは、しばらくすると消えてしまうんだ」とも。

辛い体験、感情と対峙してきたから、今がある。
その感情とちゃんと向き合ってきたから、今がある。
そう、言ってました。

…うまく伝えられないですけれど、なんか感じますよね。

あのイチロー選手でさえ、辛い時がある。
そして、その辛い気持ちとしっかり向き合ってきた。
そうしてきたお蔭で、今の自分がある。
そう言っているのを聞くと、奮い立ちます。
もともと単純な僕なので。

何かを得たいとき、達成したときって、しんどい思いをしたくないから、できる限り近道をしたくなる。
だけど、その近道を探してばかりいると、結局ゴールにたどり着けない。
結局は、遠回りになってしまうんだろうな、
そう思います。

うまく行かない時こそ、これはゴールへ少しずつでも近づいている証。
そう思って、進んでいきたいですね。

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。