琴線に触れるメッセージにするには、商品のまわりの”人”を伝えること

 

お客さんに読んでもらいたい。

目に留めてもらいたい。

 

そんなメッセージをつくりたいから、表現を凝る。

考える。

 

なにか目立つメッセージや言葉はないだろうか?

 

って。

 

これって、販促物をつくるときに多くの方が考えられる思考パターンです。

っで、けっこうココで悩まれる方も多い。

 

「何とかメッセージで、お客さんの目に留まるように」

実は、この考え方がかえって、、、

目に留まりにくい、お客さんの琴線に触れにくいメッセージをつくる要因になっていたりするんです。

 

 

こうやって見ると、ドーナツみたいな雲~撮った時には気づかなかったけど

こうやって見ると、ドーナツみたいな雲~撮った時には気づかなかったけど

 

”美味しい”という表現だけで目立たせようとしない

手書きPOPでもチラシでも良いんだけど、販促物をつくるとき、、、

「この商品って、こんなにスゴイですよ」

あるいは、

「うちはこんなにこだわっているんです」

という商品の価値や良いところを伝えられると思うんです。

 

それで、そのメッセージを考えるときに、 冒頭の思考になる。

 

「どんなコトを書いたら、目立つんだろうか?」

「お客さんの目に留まるんだろうか?」って。

 

で、言葉やメッセ―ジが思い付かなくてしんどくなる。

考え付いても、ありきたりっぽい感じのメッセージになっている。

販促サポートに入っていても、これは感じます。

ほんと多くの方がココでしんどくなられています。

 

・・・実はね、ここで大切にしていただきたい考え方があって。

商品にフォーカスして伝えようとするのは限界がある

例えば、

「うちの会社でつくっている商品は、美味しい」

ということを伝えたい場合。

”美味しさ”をどうやって伝えたらイイんだろう?

って、頭をいっぱいひねって考えられると思うんです。

 

お客さんの目に留まる”美味しい”っていう表現は何だろう?

”美味しさ”を伝える、何かキャッチ―な言葉はないだろうか?

 

 みたいな感じでね。

ただね、僕がいつもここで思うのは、、、

 

自社商品の美味しさを伝えたいというのは分かります。

こだわりを伝えたいというのも理解できる。

・・・だけど、商品のその”美味しさ”や”こだわり”を伝えるだけで、目立たせようとするのは限界があって。

そこでお客さんの目に留めてもらう。

心に響かせるのって、すごくしんどい作業だということです。

 

だって、もう今や多くのお店や会社が同じコトをやっているから。

美味しさ、こだわりを伝えるために、色んなメッセージ表現を打ち出している。

なので、そこで飛び抜ける。

表現を変えて、お客さんの目に留めようとするっていうのは、ものすごく大変な作業なんです。

 (・・・なんとなく僕の言いたいこと、伝わっているかな?)

琴線に触れるメッセージにするには、商品のまわりの”人”を伝えること

”美味しい”を伝える。

”こだわり”を伝える。

そのために、メッセージや言葉を(工夫しようと)考えるのは、ある意味限界。

そこで目立たせるのは、至難の業なんです。

 

お客さんの琴線に触れたい。

響かせたい。

そんな手書きPOPやチラシ、HP(ホームページ)をつくりたいのなら、、、

”人”を伝えたほうがいい。

 

多くのお店や会社がやられている訴求は、”商品”そのものに軸を置いた表現です。

”美味しい”を伝えるにしても、”こだわり”を伝えるにしても、商品にフォーカス(光を当てた)訴求の仕方。

ただ、そのやり方だと、ありきたりな表現になったりして、お客さんの目に留まりにくい。

 

うちの商品は美味しいです。

こだわっています。

 

だけだと、響きにくいんです。

そこに、

 

誰が美味しいと言っているのか?

そのこだわりは誰がつくっているのか?

 

をつけ加えていく。

 

だから、これからあなたにトライしてもらいたいのは、”商品”そのものにフォーカスするのではなくて。

その商品のまわりにいる”人”。

その”人”を絡めて伝えていって欲しいんです。

”人”の部分は、あなたに当たるのかもしれないし、商品をつくられている生産者や工場長かもしれない。

もしかしたら、お客さんかもしれない。

 

ぜひ、商品そのものだけでなく、そこに人を絡めて伝えていってほしいな。

そう思います。

それが、お客さんにも喜ばれるメッセージになってきますから。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。