「お土産店は、手書きPOPをやらなきゃモッタイないよ」

 

最近よく思うのは、

「お客さんは、買いたがっている。」

ということ。

 

お金を使いたくないというよりも、”買いたいモノがない”。

こんな心境が近いんじゃないか?と思うんです。

 

昨日も高速道路を運転しながら、妻とこんな話になりました。

 

「お土産店は、手書きPOPをやらなきゃモッタイないよ」

僕、よく家族で旅行するんですね。

でね、旅館とか宿泊するでしょう。

 

温泉入って、夕食済ませると、娘を連れてみんなでお土産コーナーをのぞきに行くんです。

「なーんか、いいのないかな?」

「バーバ(おばあちゃん)に何か買って帰れるのはないかな?」

って、見に行くんです。

 

けっこう、こっちは買う気満々。

 

売り場をグルグルまわるでしょう。

・・・だけど、買いたいのが見つからないんです。。

 

娘の手を引っ張って、売り場を見てても、

「欲しいなぁー」

っていう気にならない。

「買いたい」っていう気持ちになれないんです。

 

「何を買ったらいいのか分からない」というのが率直な気持ち

こっち(お客)としては、買う気満々。

旅行気分になっているので、財布のヒモも緩んでいるんです。

だけどね、買えない。

何を買ったらいいのか分からない。

 

これって、結構なストレスです。

 

 

太陽と海って、サイコーの相性だよね

太陽と海って、サイコーの相性だよね

 

 

お店側は、お客さんに何を買ったらいいのか伝えてあげないとイケナイ。

「県外からの宿泊のお客さまに1番人気の商品です」

「高知へ来て、これを食べてなかったら話にならないですよ!」

「・・・・・」

 

なんでもイイと思うんです。

お客さんにきちんと案内してあげる必要があると思う。

お客さんというのは、何かしら買う理由を探しているから。

 

 

その時に役に立つのが、手書きPOPです。

 

あなた(お店)とお客さんをつなげるツール。

意思疎通するためのモノ。

 

ぜひぜひ、いろいろチャレンジしてみましょうね。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。