POPのネタ探し~その1.お客さんに褒められたコトに注目

 

手書きPOPを書くときに、

「何を書いてイイのか分らないんです」

という声をよく聞きます。

 

僕が考えるに、書くコトが分らなくなる理由。

その1つにね、

「商品やサービスの良い所、メリットを書かなきゃイケない」

この呪縛にとりつかれている、そんなケース多いと思うんです。

 

・・・ただね、そこを意識し過ぎると、逆効果。

かえって、POPに書くメッセージが思いつかなくなってしまうんです。

 

 

娘のオモチャじゃなくって、庭のDIY用に取り寄せたサンプル。けっこうな数でしょう!?(笑)

娘のオモチャじゃなくって、庭のDIY用に取り寄せたサンプル。けっこうな数でしょう!?(笑)

 

 

お客さんに褒められたコトに注目してみる

手書きPOPで紹介する商品のメリットを伝えなきゃ、、、

お客さんは振り向いてくれない。

購入してくれないんじゃないか?

こんな気持ちに、どうしても売る側はなりがちです。

 

実際のところ、

「商品価値を伝えないと、モノは売れない」

専門家のブログや本を読んだりすると、このコトバが必ず出てくると思うんです。

 

だけど、そこを意識し過ぎてしまうと、思考がストップしてしまうんです。

書くコトが思いつかなくなってしまう。

思い付いても、ありきたりな感じになる。

前へ進めなくなる。

 

っで、結果、手書きPOPを書くのがイヤになる。

 

・・・モッタイないですよね。

 

 

なるべくありきたりにならず、POPに書くメッセージを見つけるコツ

手書きPOPのネタを見つける効果的な方法の1つとして、

  • 「お客さんに褒められたコト」
  • 「喜ばれたコト」

を考えてみるんです。

 

「コレ、こないだ買って帰って、友だちにあげたら喜んでくれて~」

「他のも試してみたんだけどね、やっぱりダメでね。

 これじゃないとダメみたい」

  ・
  ・
  ・

 

ほんと何でもイイんです。

お客さまに褒められたり、喜ばれたコトを思い出してみる。

すると、商品やサービスのイイところが自然な形で見えてくるんです。

そこを求めて、お客さまはお店に来てくれているんだ、という点が。

しかも、客観的な視点なんですごく自然。

 

あとは、その思い出したコトバを手書きでPOPに書いてみる。

実際にお客さんが喜んでくれた部分なので、きっと他の方にも喜んでいただけるはずです。

 

商品やサービスのメリットを伝えることも大事。

だけど、そこばかりに集中し過ぎない。

お客さまに褒められたコト、喜ばれたコトを思い出してみましょうね。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。