【手書きPOPチャンネル】第6話~裏ワザ大公開!たった30秒で手書きPOPが書ける!

 

手書きPOPがイイと分かっている。

「だけど、忙しくて書く時間が、、、」

サポートに入ったお店で、たまに言われる方がいます。

 

”忙しくて、、、”

 

このコトバが耳に入ると、一瞬、ボクの身体も硬直しそうになります(笑)

が、現実はそうも言ってられない側面だってありますよね。

ホントに毎日の作業をこなすことで、時間いっぱいいっぱい。

 

そこへいきなり訳の分からないコンサルが来て、

「手書きPOPがイイからやった方が良いよ」

って、言われたって聞く耳持たないと思う。

 

・・・少なくとも、以前のボクはそうでした。

今思うと、たまにお店に専門家っぽい人が来て売場を見てた。

が、思いっきりジャマ者扱いしてたと思う(笑)

 

 

でね、今日の僕の話から得ていただけること。

それは、たとえ日々の作業でPOPを書く時間がない。

しかも、時間がないにもかかわらず、POPに書くメッセージが思い浮かばない。

そんな時に使えるテクニックです。

 

僕も産直店時代によく使っていたワザです。

こちらでご覧になれます。

 

★動画で学ぶ【手書きPOPチャンネル】第6話~手書きPOPが30秒で書ける!裏ワザ大公開! 

 

これからの年末、忙しくなる時期にも使える方法です。

 

時間がある時にまた、、、と思っているとそのまんまになりますからネ

今、ご覧になりましょうネ!^^

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。