手書きPOPをやってみた方がいい理由~その1.「即効性」

 

 

今日は、簡潔にいきますね!

 

販促物の中でも手書きPOPがオススメな理由

「手書きPOPをやると、どうてイイのか?」

 

その理由その1、「即効性」です。

効果がすぐに現われやすい。

他の販促物と比較しても、圧倒的に成果の出るスピードが早い。

だから、手書きPOPって、やってみる価値があるんです。

 

 

朝焼け、夕焼けって、空が赤く染まる時があるんだよね

朝焼け、夕焼けって、空が赤く染まる時があるんだよね~ちなみにコレは今朝

 

 

 

例えば、今日お仕事が始まって、あなたがお店で手書きPOPを書くとしますよね。

書き上げた手書きPOPを早速売場へ置くとします。

っで、そのPOPの効果はいつ出るか?

といえば、もう貼ってスグからです。

早ければ、POPを設置してスグ、お客さんがそのPOPを見て商品を買うかもしれない。

 

・・・実際、僕がサポートしていたお店でもありました。

 

お店のパートさんが僕と一緒にPOPを書いて、さぁ売場へ置いた。

そしたら、その1分もしないうちにお客さんが見て、商品を買って行った。

そんなことがありました。

 

・・・他の販促物だとなかなかこうはイカナイでしょう。

結果にも時間がかかるだろうし、準備も必要で。

 

 

というわけで、手書きPOPをやった方が良い理由、その1。

「反響が出るのが圧倒的に早いから!

 書いてスグに成果を感じられるから!」

ココなんですね。

 

販促物をあまり書いたことのない方にも向いているツールですね。

 

クリスマスや年末の売場に、ぜひトライしてみてくださいね。

、、、もうやられているかな!?(笑)

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。