【手書きPOPチャンネル】第3話~どっちの商品を買ってみたい?

 

おかげ様で、なんとか第3話の放送まできました

僕とあなたの【手書きPOPチャンネル】。

 

今日もお届けいたしますね。

 

 

・・・っと、その前に念のため。。

POPチャンネル、今までにご覧になられたことありますよね?

 

いちおう今回が第3話なんですけども、、、(汗)

 

 

今日の話は、前回の第2話に続いて、手書きPOP事例をご紹介。

「手書きPOPセミナー」参加者の方が書かれた2枚のPOP。

 

ビフォー(先に書かれたPOP)とアフター(後で書かれた)のとでは、大きく内容が変わった。

 

一体、どんな部分を意識したら、POPがこんなにも変わるのか?

そのヒントが掴めるんじゃないか、と思います。

 

では、いきますね。

 

【手書きPOPチャンネル】第3話~POP事例~どっちの商品を買ってみたい?

 

 

 

 こちらをご覧になると、もしかすると、手書きPOPが今スグ書きたくなる。

そんな衝動に駆られるかもしれないですネ

 

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。