こんな風に考えるとキャッチコピーって、思いつきやすい

 

キャッチコピーのことで、悩まれたことないですか?

 

販促物において、キャッチコピーって切っても切り離せない話だと思うんです。

チラシやダイレクトメール、そして、たとえ手書きPOPだったとしても、、、。

 

「どんなことを書いたらいいんだろう?」

この悩み。

ほんと、尽きないと思う。

 

・・尽きない、キャッチコピーの悩み

僕は、普段からあんまりキャッチコピーを重視しない。

そんなPOPのつくり方をお伝えしています。

 

ただ、キャッチコピーをまったく無しにして販促物をつくる。

これもまたムリがある。

なので、キャッチコピーの作り方の知識、知っていると役に立つと思うんです。

 

というわけで、こんな風に考えると比較的ストレスなしに、キャッチコピーを作れるよ。

そのやり方を事例を交えながらお伝えします。

 

 

粗大ゴミを美しく撮る練習をしてみたけど、ムズかしい

粗大ゴミを美しく撮る練習をしてみたけど、ムズかしい

 

 

「キャッチコピーを考える」そう思うよりも、こっちの方がイイの思いつきやすい

先日、チラシづくりのお手伝いをしたある飲食店(先日も登場した)。

「忘年会用のチラシをつくろう」ということになった。

 

まず、先日の記事に書いたように、チラシ紙面を4つのコーナーに分けた。

っで、冒頭、1番上の部分。

キャッチコピーの部分を考えることになった。

 

ただ、パッ思い浮かばない。

「キャッチコピーには、どんなことを書こう?」

って同席したみんなに問いかけをしても、答えってなかなか出てこなったんです。

(”キャッチコピー”っていうコトバには、思考を停止させる働きがあるんじゃないか?

 っていうくらい、アイデアが出なくなる)

 

でね、質問の仕方を変えてみた。

 

「このチラシができたら、どんな風にして渡します?

 コレを持って、その渡す人のところに行くでしょう?

 その時に、なんて言ってその人にチラシ渡します?」

 

チラシを渡す対象の人は、もう事前に決めていたんです。

だから、

「その●●さんにチラシを渡すとき、なんて声をかけます?」

そんな風に問いかけて、みんなで考えたんです。

 

そうしたら、結構ポンポンと答えが返ってきた。

「たまには、みんなでお鍋を囲んで、、、、」とか

「お鍋を食べながら、話でも、、、、」みたいにね。

 

「声をかける」このイメージがPOINT

さっきも言ったように、”キャッチコピー、キャッチコピー”って、考えると思考が停止する。

 

難しく考えちゃう傾向がある。

それで、アイデアが出てこない。

出てきても、ちょっと不自然なコトバがけになっている。

そんなケースが多い。

 

なので、もっと自然な感じで、

「このチラシができたら、どんな風にして持っていくか?」

「どんな風にして、このチラシを渡すのか?」

その時の声をかけるコトバを考えてみる。

 

そして、その言葉をキャッチコピーにする。

 

意外とね、このやり方だと、いろんなアイデア出てきます。

・・・あんまり難しく考えない。

もっと自然な感じでね、考える。

そうした方がうまくいく場合、多いです。

 

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。