過去を共有できると安心、信頼につながりやすい

 

「・・・臼井さん、どうして過去のコト伝えた方が良いんですか?

 何か理由があるのですか?」

 

「それはですね、 信頼されやすくなるからですよ」

 

これは、先日、従業員研修をおこなっていた場での企業さんと僕との会話。

 

 

従業員さんがニュースレターの誌面で、自分のことを伝える。

そんなメッセージを書いてもらっていた時に受けた質問なんです。

 

 

ひさしぶりに鳥取砂丘へ行って来た~坂の高低ものすごくくたびれた

ひさしぶりに鳥取砂丘へ行って来た~坂の高低ものすごくくたびれた

 

 

過去を共有できると安心、信頼につながりやすい

先日ね、ある企業さんで従業員研修をしていました。

第1回目の前回は、「お礼状」の書き方などの研修をして。

今回は、ニュースレターや商品カタログをつかいながら、お客さんとの関係性を高める特訓(!?)をしていたんです。

 

っで、その中の1つに、

「お客さんに自分を知ってもらうための自己紹介メッセージを書く」

そんなワークがあったんです。

 

会社が発行するニュースレターの中で、自分自身を伝える。

そんなメッセージを書かなきゃイケない。

そんな時、どんなことを書くか?って。

 

 

でね、僕からお伝えしたアドバイスの1つが、冒頭の話だったんです。

「過去のことも含めてお伝えしてくださいね」って。

 

 

というのもね、僕たちが相手の方と関係性を築くうえで、”共有”って、すごく重要な要素です。

 

「相手の方と情報をどれだけ共有できているか?」

「相手の方のことをどれだけ知っているか?」

これらが関係性を築くうえで、大きく影響する。

 

(過去の話にかかわらず)相手のこと全然知らない人とは、仲良くなれないですもん。

心を許せない、、というか、任せられない。

 

まして、商品選びを手伝ってくれるお店の販売員や営業マンの人だったら余計そう。

信頼できなきゃ、任せれない。

 

逆にいえば、その信頼度を上げようと思えば、

「いかに、自分のことを知ってもらえるか?」

ここって、スゴク重要で。

 

 

特に、過去とかの話って、そんなにするもんじゃないですか。

誰にでも話すっていうものでもないし。

聞けるものでもない。

だから、そこの部分の話を聞けると、信頼度に繋がりやすい。

 

というわけで、先日の企業研修での発言になったんです。

 

「・・・臼井さん、どうして過去のコト伝えた方が良いんですか?

 何か理由があるのですか?」

「それはですね、 信頼されやすくなるからですよ」って。

 

そういう意味でも、自分のコトを伝えるって、すごく大事な要素です。

(・・・なんだかムリヤリまとめっちゃった(笑))

 

 

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。