【セミナーご感想】手書きPOP×顧客単価UPセミナー in 東京(2014年10月19日)

 

「お客さんの声を聞いたほうがイイ」

「答えは、お客さんが持っているよ」

 

・・・こんなような話、聞かれたコトってないですか?

 

僕はよく聞きます。

そして、お客さんの声もよく聞きます。

(僕の場合は、お客さんっていうより会員さんとかセミナー参加者の方かな)

 

答えを知るっていうか、、、

セミナーとかだと、どんな反応だったんだろう?

「皆さん、満足してくださったかな?」

とか気になるわけですよね。(小心者だから(笑))

 

いつもセミナー終わった後、ホテルの部屋で読ませてもらう。

もう、ドキドキものです。

 

 

っで、先日、東京で行った「手書きPOP」×「顧客単価UP」のセミナー。

こちらでもセミナー終了後に参加者の方に書いていただきました。

一部をご紹介させていただくと、、、

 

 

biyou2

美容室 女性

 

tosou

塗装業 女性

 

seisoukaji

清掃・家事代行業 女性

 

keitai

携帯ショップ 男性

 

saron

リラクゼーションサロン 女性

 

seikotu4

整骨院 女性

 

seikotu

整骨院 男性

 

wayougasi

和洋菓子販売 女性

 

kadenn

家電販売・修理・工事 男性

 

net2

ネットショップ 女性

 

 

・・・先日もセミナー終了後の懇親会で、

「臼井さん、感想のせすぎよ。

 いっぱい載せたらイイっていうのでもないんだからね。」

って、参加者の方のお一人から有難いおコトバもいただいたので、、、これくらいにしておきます(笑)

 

もっと他の参加者さんのご感想も知りたい、、、

という方は、コチラをご覧になってくださいね。

過去開催セミナー

 

 

「・・・もう少し休憩時間を長くして欲しい」

「・・・POPの事例も見たい」など、建設的なご感想もいただきました。

 

取り込める部分は導入しながら、またさらにパワーアップしたセミナーをご案内していきたいと思っています。

次回は、来月11月大阪でのセミナーです。

「手書きPOP」×「顧客単価UP」セミナー in 大阪 11月30日(日)

 

今年は、これが最後になるかな、と思っています。

また機会のあう方は、大阪会場でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。