お客さんは”あなたのオススメ”を聞きたがっている

 

先日、販促サポートに入ったあるお店での話。

農産物を販売する直売所だったんだけど、接客の話になったんです。

 

やり取りをしてる途中、スタッフの方がこんな話をしてくれました。

 

私ね、トマトを作っているんだけど、その肥料を買いに行ったの。

それで行ったら、お店に肥料がいっぱい並んでて。

 

「どの肥料がトマトにお勧めか?教えて」

 

って、店員さんに聞いたの。

 そしたら、店員さんが、

 

「ココからココまでがトマトの肥料です」

 

みたいな感じで返事してきたの。

 

でもね、違うのよねぇ、私が聞きたかったのは。

私が教えて欲しかったのは、オススメの商品だったのに。

 

「ココに並んでる肥料の中で、トマトにお勧めなのはどれなのか?」

それを聞きたかったのに、、、。

 

ってね。

 

・・・何となく分かります?

この方が言いたかったコト。

 

・・・・・あなたは似たようなご経験、したコトないですか?

 

 

 

14128925541320

ぜんぜん関係ないけど、届いたばかりのディスプレイ。画面の前に座るとテンションが勝手に上がります

 

 

オススメを言うのが怖い、、、

もう1つ、実際にあった話をします。

今度は、僕が働いていた産直店での話。

 

小さなお店でね、働いていた正社員は、僕を含めてもう1人だけだった。

あとは、普段は主婦をされているパートさんや女子高生だったんですね。

 

っで、ある時、アルバイトの女子高生からこんな相談されたんです。

 

 

臼井さん、お客さんから

”おススメどれ?”って、聞かれたときは、どうしたらイイの?

 

よく聞かれるんやけど、人によって好みとかあると思うし、よう言えへんわ。

そんな時、どうしたらイイの?

 

って、聞かれたんです。

 

でね、僕、こう答えたんです。

 

そうやねぇ、好みって、人によって違うからね。

そうやったら、●●さん(女子高生の名前)の好きなのを教えてあげたら?

 

”お店では、こんなとか、こんなのが売れていますけど、私の好きなのは、コチラなんです。

 ●●、●●なんで、私のお気に入りなんです。”

みたいな感じで言ってみるのはどう?

 

お客さんは、たぶん、●●さんのお勧めを聞きたがってるんやと思うで。

 

ってね。

 

お客さんは、”あなたのオススメ”を聞きたがっている

お客さんには、2人のタイプの方がいると思っていて(・・・大きく分けるとね)。

 

1.「お店の人気商品を聞きたいお客さん」
 
2.「自分の”お気に入りの店員さんの”オススメを聞きたいお客さん」

 

 

・・・っで、まず、

1.「お店の人気商品を聞きたいお客さん」

 

お店で売れている商品だったら、とりあえず安心して買えるかな?

っていうので、そこのお店の人気を聞きたいお客さん。

 

・・・あと一方で、

2.「自分の”お気に入りの店員さんの”オススメを聞きたいお客さん」

 

今、売れている商品よりも、今、目の前にいる”あなた”が勧めてくれるモノを買いたい。

それはどれなのか?を聞きたい、お客さん。

 

「あのお兄ちゃんがお勧めしてくれるのを買いたい、、、」

「あのオバサンにオススメを聞きたいんやけど、、、」

みたいな感じでね。

 

 

っで、僕の経験から言えば、後者、

「●●さんが勧めてくれるのを買いたい」

このお客さんって、結構多いと思う。

 

・・・こちらのお客さんっていうのは、オススメを教えてあげるとお客さんの満足度が高くなる。

そして、お客さんとの結びつきも強くなる。

 

っで、さらに言えば、自分がお勧めしたモノをお客さんに買ってもらえるようになる。

そうするとね、こんなイイことが起きる。

”自信”に繋がるんです。

 

「自分がお勧めしたモノが売れた」

「お客さんに喜んでもらえた」

 

そうなると、オススメした人の自信や充足感につながる。

そして、仕事に対する悦びにつながっていくんです。

 

こんな理由があるので、僕はサポートに入ったお店では、後者をものすごく推奨しています。

 

 

・・・もしも、今後お客さんから、お勧めを聞かれることがあったら。

「お店では、これが人気なんですね。

 っで、私が好きなのは、●●●(理由)なんで、コチラの商品なんです」

って、伝えてあげてみてください。

 

きっと、お客さんにも喜ばれるはずですよ。

 

今、お話ししたことは、僕がお店の現場で経験したコトだから、本当。

事実ですからね。

 

ぜひ、あなたも勇気をもってチャレンジしてもらいたいな、って思っています。

 

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。