お礼状(サンキューレター)は、間違いなく関係性を近づける

 

高知県、無事に台風過ぎてくれました。

夜中、何度も窓がガタガタ揺れて、、、何度も目を覚ましてました。

まだ日本にいるみたいなので、とにかく何事もなく過ぎてほしいですね。

 

 

・・・さて、話は180度変わりますが。

「これからの時代、お客さんとの関係性が大事」、

このような話、あなたもいっぱい聞かれていると思うんです。

 

「お客さんとの関係性を高めていくことが、これからのビジネスのカギになる」

っていうような話をね。

 

・・・だからなのか?

僕のまわりの方々も、”関係性”っていうコトバを使われる方が多いです。

ほんと、メールの返事とかでもよく書かれています。

「ガンバって、お客さんとの関係性を高めていきます!」

みたいな感じでね。

 

・・・っだけど、

どうやったら、その関係性を高められるのか?

ココで前へ進めなくなっている方が多い、っていうのも事実だと思うんです。

 

コトバでは分かっているんだけど、いざ実行に移していく時に、なかなかうまく成果が出せない。

フェイスブックとか、ニュースレターをやったら良いのかな?

っていうのは何となく実感されていて、実践されている。

・・・だけど、イマイチ成果に繋がっていない気が。

このような感じって、ないでしょうか?

 

 

っでね、

「お客さんとの関係性を高めるために、、、どうすれば?」

この疑問に答えるヒントを先日、実感したんです。

 

それを今からお話しします。

 

お礼状(サンキューレター)は間違いなく関係性を高める

先日、このようなお礼状をいただいたんです。

 

 

DSC_1465

“笑顔”のことに触れてくださっていて、嬉しくなっちゃいました

 

 

DSC_1464

似顔絵付き(ばっちり特徴をとらえた)ハガキをいただけました~講習会の時からボクの犬歯に反応されていたので(笑)

 

 

先日、従業員研修にお伺いしたある会社さん。

その研修に参加されていた従業員さんからいただいたんです。

 

いやね、こちらのハガキをいただいたとき。

ポストからハガキをとって、、、パッと見て、何となく、どなたからの手紙か分かったとき。

 

・・・僕、どんな気持ちになったと思います?

 

そりゃあ、もう、嬉しいに決まっているじゃないですかね。

わざわざ僕が話していたこと、やり取りした事を思い出して、そこに触れて書いてくださっている。

 

僕ね、読みながらね、そのハガキを書いてくださった方のお顔を思い出して。

「研修会のとき、その方がどんな発言をされていたか?」

とか思い出すんですよね。

その1シーン、1シーンをね。

 

・・・コレって、すごく大きなインパクトだと思うんです。

 

 

20141006

他にもたくさんいただけた個性いっぱいのおハガキ~話しているのと同じくらいコミュニケーション効果ありますよね

 

 

お客さんとの経験を共有する

「お礼状(サンキューレター)に何を書いたらイイのか分からない」

悩まれている方、多いと思うんですよね。

 

そんな方は、まず心がけてみてもらいたいこと。

 

お客さんと話したことにフォーカスです。

来店されていたときに、

  • 「どんなことを話したのか?」
  • 「どんな話で盛り上がったのか?」
  • ・・・

どんなことでもイイと思うんです。

とにかく、お客さんと話したことを思い出す。

そして、その中で何でもイイので(嬉しかったこととかだと尚更イイけれど)、ハガキに書いてみる。

 

言ってみたら、お客さんとの経験の共有です。

お店であなたとお客さんと2人で経験したことを、もう1度一緒に共有するんです。

2人だけの秘密をつくる感じ。

 

その際、文章を書く時に、

「文体がどう、、、」とか、

「文章がメチャクチャ」になっていようが、気にしない。

とにかく、形とかには一切こだわらない。

字のうまいヘタとかもね。

 

するとね、それでハガキを書いて出すでしょう。

お客さん喜ばれますから。

今回のボクのように、嬉しがってくれる。

っで、間違いなく、お客さんとの距離感は近くなっている。

関係性は高まっているはずだから。

 

 

・・・かなり最後のほう、端折って書いちゃったので、飛躍した文章になっているかもしれないけれど。

 

今日、僕がお伝えしたいのは、、、

お客さんと関係性を築きたければ、その1つに、お礼状(サンキューレター)って使えますよ。

っで、そのハガキを書く時には、あまり体裁を気にしない。

 

とにかく、お店でお客さんと盛り上がった話。

印象に残ったことを、メッセージにする。

そして、「あなたも楽しかった」っていうようなことを伝える。

そうすると、お客さんとの間に新たな関係性が生まれると思います。

 

お礼状(サンキューレター)には、直接会って話をするのと同じくらいのコミュニケーション効果があると思う。

 

チョット支離滅裂な文章になっちゃったけど、今日の話はこんな感じです。

 

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。