テクニック云々より最後は人間性が出るんじゃないの

 

「販促物にしても、接客にしても、、、

 最後は、その人の人間性がでるんじゃないの」

 

このあいだ、ある女性と話してて思ったコトバ。

 

っで、その人間性。

けっこう、お客さんって敏感に見てると思う。

 

 

美容院の「トリートメント会員」に関して起きた実話

・・・先日ね、ある女性からこんな話を聞いたんです。

 

美容室の話なんですけどね、

その女性、通う美容室で「トリートメント会員」か?「カラー会員」か?

チョット忘れたんだけど、どっちかの会員になっていたらしいんです。

回数チケットじゃないけれど、ある程度まとめて購入しておけば、ちょっとお得になるっていうアレだと思うんです。

 

でね、その「トリートメント会員」(話を分かりやすくするためにコッチにしておきます)、

全部使い切れずに、期限が来ちゃった。

言ってみれば、最初に払った金額の元をとれずに、チケット切れを起こしちゃったらしいんです。

 

でね、そのことで、その女性がチョット言っててね。

 

 

DSC_1383

最近、よく空を見ています~朝、散歩しながら空を見てるとホントおもしろい

 

 

たったひと言が、、、

・・・女性いわく、そもそも

 

 ・トリートメント会員は、お店が管理している

・はじめ購入するとき、「使い切れるから大丈夫」と言っていた

・こっちにも責任あるけど、なにかひと言言ってくれてたら違うのに

 

こんなコトを言っていたんですね。

 

お店が管理

チケットを預けて帰って、期限とかもお店に任せていた、、、つもりだったらしい。

使い切れるように、お店側もうまく調整してくれるだろう、、、と思っていたんでしょうね。

 

まぁ、期限の途中でひと言なにかあると、女性もトリートメントの調整がついたのかもですね。

 

 

「使い切れる、、、」と言っていた

ここはよく分からない、、、

お店の方も、「使い切れるように調整しますよ」っていう意味で最初に言われていたのかもしれないですよね。

 

 

なにかひと言いってくれてたら

ココが今回、1番大きな問題っぽかったです、女性の話ぶりを聞く感じ。

 

「会員の期限が切れてますね」

みたいな感じでしか、来店した時に言われたなかったみたい。

「別に、謝って欲しい、、、とかじゃないけれど、それってねぇ、、、」

「謝ってしまったら、なんかお金を返さなきゃイケなくなる感じになるのかもしれないけど、、、なんか言ってくれるだけで全然ちがうのに、、、」

っていう感じでした。

 

・・・店員さんは、意図して何も謝らなかったのか?(お店の方針なのか?)

どうなのか?はよく分からないです。

 

ただ、そこでひと言かけるのか?・・・かけないのか?

 

それって、最後は人間性の部分じゃないの?

そんな風に思ったわけです。

その担当のお店の方の人間性の部分が出るんじゃないのかな、ってね。

 

 

・・・女性、こんなコトも言ってました。

 

「これって、すごい大きな損失になるのにね、結局って。

 トリートメント会員の1件ひとつで、そのお客さんが来なくなったら、、、

 そっちの方が、もっと大きなロスなのにね」

 

そう考えたら、いろいろある思うんだけど、、、って。

 

 

僕が住む高知県みたいな地方へ行くと、地域密着のご商売ってすごく多いです。

いわゆる、地元のお客さんを相手にするお仕事です。

そんな時、人間性って、すごく大事だよな、って思います。

お店の方の人柄に惹かれて、そこへ通ってる。

そういうお客さん、いっぱいいるはずだもん。

 

だから、今回みたいな話を聞くと、なおさら強く思ったことでした。

 

 

極意リンク

 

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。