手書きPOPで成果を上げるために、もっともカンタンにできる事

 

・・・チョット胡散くさいタイトルだと思いました?

今日の記事のタイトルをみて。

 

「手書きPOPで成果を上げるために、もっともカンタンにできる事」なんて、、、

 

・・・・カンタンにできる事、

なんていうとホント怪しく聞こえる節もあるんだけどネ

 

でもね、今日、今からする話は、真実です。

やってもらえると成果に繋がる話です。

 

 

今日午後から、高知県の関連団体主催の手書きPOP講習会があるんですね。

7月から定期的に開催しています。

毎回、定員5名上限の少人数で行っています。

 

今日から、その第2クールなんですね。

 

っで、僕ね、

こうした講習会とかセミナーをやっていて、ほぼ必ずといっていいほど毎回、実感することがあるんです。

 

ある意味、セミナーとかに参加して、その経験を成果に繋げられるかどうか?

そこにも関係することじゃないか、

って思うことなんですけどね。

 

そう、それは、

「講習会やセミナーで聞いたこと、学んだコトをすぐに実践に使えるかどうか?」

ココって、成果を掴めるかどうか?

のモノスゴい分かれ道になる。

 

そう思うんですよ。

 

 

ココが成果を掴めるかどうかの分かれ道

 

・・・僕はセミナーの中に、必ずといっていい程、ワーク(実習)の時間をつくります。

何かノウハウ的なことを話したら、その後に時間をとるんです。

っで、手書きPOPを書いてもらうんですね。

 

「じゃあ、今から手書きPOPを1枚書いてみましょう。

 せっかくなんで、今学んだことのどれか1つでイイんで、使ってみましょうね」

って感じでね。

 

 そんな時、

 

「 ●●な書き方をすると、お客さんは喜んでPOPを読んでくれやすくなりますよ」

って、僕がお伝えしたときに、2名のタイプの方に分かれる傾向があるんです。

    ↓              ↓

 
 1.「よし、あのやり方をチョット真似して書いてみようか」
 
っていう方と、

2.「今までやってきたやり方に継続される方」

  

この2通りのパターンに分かれるんです。

 

・・・もしかするとご本人は、新しいやり方を取り入れられているのかもしれないんだけど。

 どうしても、今までのやり方を続けてしまう、、、そんな方もいらっしゃるんです。

 

 

新しい扉を開いてみる、、、

 

ただね、ちょっと意識的に、わざとらしいくらいに、、、って言ったらヘンだけど。

あえて、新しいやり方。

今、聞いた方法で、手書きPOPを書いてみる。

そこにチャレンジしてみることで、僕は新しい扉が開くと思う。

 

最初はモノスゴク書きにくいかもしれないんだけど、新しく聞いた学んだ書き方を活用してみる。

そのやり方で、POPを一度書いてみる。

そうすることで、新しい可能性が広がると思うんです。

 

 

DSC_1176

こんな感じで参加者の方は実習をされます

 

 

新しく学んだことは、スグに実践した方が身にもつきやすいですからね。

次、お店に帰ってから、帰宅してからPOPを書こう、ってなった時。

再現しやすくなるから。

だから、初めは多少ムリをしてでも、新しいやり方に取り組んだ方がイイ。

そう、僕は信じているんですね。

 

・・・もしかしたらね、僕のエゴが入っているのかもしれないですよ。

 

「せっかくやり方をお伝えしたのに、、、

 そのやり方で、参加者の方がPOPを書かれない」

そこに、僕が残念感を感じているのかもしれない。

 

うーん、でもね、やっぱり、初めはムリをしてでもチャレンジしてみた方がイイです。

スグに実践に活かしてみた方がイイです。

身になりやすいですし、成果に繋がりやすいです。

 

 

・・・POPに限らずね、

 

本を読んで、「あぁ、そうなんだ」って思ったこと。

セミナーに参加して、「心動いたコト」。

そんなモノに出逢ったら、1つでもイイんでスグに実践に繋げてみる。

実践の現場で試してみる。

 

そこが、成果を上げられるかどうか?

その1つの分かれ道になってくると思います、僕はね。

 

 

・・・っと、こんな感じで、今日は僕の思いなんかも入れて、お伝えさせてもらいました。

ちょっと、アツクルシイ記事になっているかもしれないな、、、

そんな懸念もしながら、、、(笑)

 

今日も1日、楽しくしていきましょうネ

 

 

footer-gokui720-300

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。