デパートじゃなくて、専門店で靴を買った理由

 

昨晩、この方と飲みに行っていました。

治療院集客講座の加藤さん

 

今度10月に東京で一緒にセミナーをするので、その打ち合わせも兼ねて。

僕、あんまり飲みに行かないんですけど、今週は楽しい機会が続いています。

 

 

・・・さて、話が180度変わって、ココからは手書きPOPの話。

以前、僕がスニーカーを買うときに、POPの効果を痛感した話。

 

 

昨年だったかな、僕、スニーカーが欲しくて色々と探しまわってた時があったんですよ。

大阪のデパートとか、いろいろグルグルまわってました。

 

スニーカーの種類自体は、何となくだけ決めていて。

あとは、実物を見てから考えてみよう、

そんな風に思いながら、お店に見に行ってたんですね。

 

 

・・・2~3軒のお店を回ったと思うんですね。

そのうちの1軒デパート(伊勢丹だったと思う)に見に行った時のこと。

スニーカー売り場へ行くと、イイ感じのがあったんです。

僕が探していたような感じのスニーカーがあった。

 

「これ、イイな」と思って、いろいろ触ってみたりしたんです。

 

でもね、イマイチ決めきれず終いで、その売り場から去りました。

 

 

・・・っで、次行った専門店。

チョットこだわりの靴ばかりを集めたような靴屋さん。

そこに行くと、さっきのデパートで売ってたスニーカーが売られてた。

 

「あっ、さっきのだ!」

って、思って売り場に近づいていった。

 

っで、結局、そこでそのスニーカーを買うことになりました。

 

 

実は、ここが今日のPOINTで。

 

・・・さっき、デパートで売っていたスニーカー。

っで、今、靴屋さんでも売っていたスニーカー。

まったく同じだったのに、僕は靴屋さんで買いました。

 

・・・どうして、デパート買わずに、

専門店の靴屋さんで買ったのでしょう?

 

 

僕もね、その買ったときはなんとも思わずだったんです。

でもね、最近ふとその時のことを思い出すことがあって。

考えてみると、、、

 

「あぁ、アレが大きかったんじゃない」

って、その靴屋さんで買うことになった理由に思い当たったんです。

 

・・・金額が安かったから、、、とかじゃないですよ。

 

それは何かと言うとね、

後から行った靴専門店。

そこにはね、商品の説明書きがあったんです。

僕が買ったスニーカーの特徴とか、セールスポイントを伝える説明書きがあったんです。

そう、POPがあったんです。(手書きじゃなかったけどね)

 

 

DSC_1245

・・・そのスニーカーがコレ~履きやすくてお気に入り

 

 

たしかね(ちょっとうろ覚えなんだけど)、、、

この靴をつくっているメーカー、カンガルーの皮を使ったスニーカーもつくっているんです。

僕が買ったのとは別なんだけどね。

 

っで、

 

「どうしてカンガルーの皮を使っているのか?」とか、

「カンガルーの皮を使うと、どんなメリットがあるのか?」

「このスニーカーをつくっている会社の歴史」

 

 

 

みたいなのが色々書かれて、POPみたいに貼られていたんです。

 

僕、それ読んでね、

「あぁ、この会社、色々こだわっているんだぁ」

と思って、そこでスニーカーを買うことに決めました。

 

 

今、思えば、ココが決定的な違い。

 

デパートと靴専門店の決定的な違い。

 

先に行ったデパートで買わずに、後の靴屋さんで買った理由でした。

 

 

・・・今回のは手書きPOPじゃなかったけれど、やっぱり「伝えるコト」って大事です。

 

「うちの業種では、使わないから」

「・・・似合わないから」

とか言って、POPの必要性を感じられていない方もいらっしゃいます。

 

でもね、どうなんでしょうね。

 

僕は業種とか関係ないと思う。

お客さんに商品を伝えるという上で、業種なんか関係ないと思う。

「伝える」っていう行為は、あくまでもお客さんに向かってするモノだからね。

こっち視点じゃないっていうこと。

 

必要かどうか?は、お客さんが決めるコトだと思うから。

 

  

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。